デフォルトモードネットワーク(DMN)とは?あなたのひらめきを支える、あえて「集中しない」という選択肢

「あなたのひらめきを支える、デフォルトモードネットワーク(DMN)とは?あえて「集中しない」という選択肢」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

論文や研究がうまくいかずに、以下のように自分のことを追い詰めてしまう方はいらっしゃいませんか?

  • 自分は創造性がない
  • いいアイデアが思い浮かばない
  • オリジナルが出せずに周りに抜かされている気がする

そんな悩みを解決する、脳科学から導き出された考え方の1つが、「デフォルトモードネットワーク(DMN)」というもの。
あまり聞きなれない単語ですよね。

しかし、DMNを知ることで、もっと簡単にアイデアが出せるようになることは間違いありません!

今回は、あなたのひらめきを支えるデフォルトモードネットワーク(DMN)について解説していきます。

最高のアイデアを引き出す「デフォルトモードネットワーク(DMN)」とは?

「デフォルトモードネットワーク(DMN)」とは、脳内で「記憶の整理と定着」を担当する部分のことです。

本来、アイデアはゼロから突然生まれて出てくるものではなく、既存の情報同士が絶妙なタイミングでつながってできるものと考えられています。
そして、その絶妙なタイミングを引き起こすのが「DMN」です。

では、どんなときにDMNが働いているのか。

例えば、何となく1つの事を頭の中で考えたときに、周りから「うわの空になっている」といわれたことはありませんか?
実は、この時こそDMNが働いている場面です。

DMNでは、頭の中で自分が自分に語りかけるように対話したり、問題を解決したり、未来の計画を立てるために、あらゆる過去の記憶と関連付け、最適な答えを出そうとします。

傍からみれば「ぼーっとしていて集中していない」ように見えるのですが、このDMNが一生懸命働いています。

実際に、研究によってDMNがアイデア創出に関与していることが示されており、例えば、創造性の高い人々ではDMNの活動が高まるのではないかと考えられているのです。

参照:Beaty, R.E., Kenett, Y.N., Christensen, A.P., Rosenberg, M.D., Benedek, M., Chen, Q.,… Silvia, P.J. (2018). Robust prediction of individual creative ability from brain functional connectivity. Proceedings of the National Academy of Sciences, 115(5), 1087-1092

デフォルトモードネットワークを引き出すには、散歩やお風呂が効果的?

では、DMNを効果的に発揮するにはどのようにすればよいのでしょうか。

ある研究によると、無意識のうちにDMNが働く瞬間が、「散歩、風呂場やトイレでリラックスしているとき」ではないかと考えられています。

机の上でうんうんうなっているよりも、思い切って散歩や体を動かしたり、ゆっくりお風呂につかってリラックスする方が、アイデアが出しやすいというわけですね。

かの「夏目漱石」もアイデアが煮詰まってしまったとき、東京大学一帯を散歩していたとして有名です。

では、なぜ散歩やお風呂につかってリラックスすることが、DMNを働かせるのに効果的なのでしょう。

実は、「モチベーション脳”やる気”が起きるメカニズム」によると、新しいアイデアが「ひらめく」とき、4段階を経て「創造性」として表出されるといわれています。
それが以下です。

  1. 準備期:問題の確認と整理する時期
  2. あたため期:一度問題から離れる時期
  3. ひらめき期:アイデアがひらめく時期
  4. 検証期:アイデアの精査をする時期

このうち、DMNが発揮するのは「あたため期」です。
あたため期では、問題解決に取り組むことを中断します。
いわゆる煮詰まった思考を、一度リフレッシュする期間に相当するといえます。
そこで、集中的に問題に取り組む状態と、何も考えない状態を行き来することにより、まったく新しいアイデアが創出されるというわけです。

このように、アイデアは単に情報を仕入れるだけでなく、リラックスした状態にすることで浮かびやすくなります。
実際に研究では、自然な環境での散歩が、創造的思考を促進すると示されています。

参照:
Atchley, R.A., Strayer, D.L., & Atchley, P. (2012). Creativity in the Wild: Improving Creative Reasoning through Immersion in Natural Settings. PLoS ONE, 7(12),e51474
大黒 達也。モチベーション脳: 「やる気」が起きるメカニズム (NHK出版新書 693)

デフォルトネットワークを活性化させるための他の方法は?

アイデアが浮かばないときは、散歩やお風呂に入る以外に以下の方法もあります。

  • コーヒーブレイク:短時間の休憩をとることで、脳の疲労が回復し、DMNが活性化されると報告されています。コーヒーに含まれるカフェインも、適量摂取することで集中力を高める効果があります。(飲みすぎには注意してください)
  • 瞑想:瞑想は、リラックス状態を作り出し、DMNを活性化させる効果があります。研究によれば、定期的に瞑想を行うことで、創造性や問題解決能力が向上することが示されています。
  • 趣味やアート活動:趣味やアート活動を通じて心を落ち着かせ、リラックスすることで、DMNを活性化させられます。絵画や音楽などのアート活動は、創造性を刺激し、新たなアイデアが生まれやすくなります。

参照:Colzato, L. S., Ozturk, A., & Hommel, B. (2012). Meditate to create: the impact of focused-attention and open-monitoring training on convergent and divergent thinking. Frontiers in psychology, 3, 116

デフォルトモードネットワークに関する「まとめ」

デフォルトモードネットワーク(DMN)を活用することで、アイデアがひらめきを引き出しやすくなります。
ちょっとした隙間時間に「スマホ」をするのではなく、発想を変えて、無意識に働くDMNを活性化させる方法を普段から試してみてください。
きっといいアイデアが出しやすくなりますよ!

自分に合った方法でリラックスし、創造性を高め、充実した人生を送ってくださいね。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  2. 「初期臨床研修医は平均年収435万円 研修医の平均年収と医師の働き方改革2024 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師の世界も2024年4月から厚生労働省による「働き方改革」が施行されました。医師の「働き方改革」と…
  3. 改正プロバイダー責任制限法が5月10日の参院本会議で可決され、成立しました。この改正法により、SNS…

おすすめ記事

  1. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る