NISAの投資額が3倍の年間360万円に拡大 非課税期間も無期限に延長か

政府はNISAの非課税額を、現在の3倍である年間360万円に拡大する方針を固めました。さらに、非課税期間も無期限に延長する方針です。

生涯の投資上限額を1,800万円とし、うち1,200万円は株式投資に使える「成長投資枠」とすることも視野に入れています。国民の資産を貯蓄から投資に向かわせ、経済の活性化を図るのが政府の狙いです。

NISAは、株式・投資信託などへの投資から得られる配当金・分配金や譲渡益が非課税になる優遇制度です。このNISAには、少額で長く投資する「つみたてNISA」と、非課税期間は短いが投資額が多い「一般NISA」の2種類があります。

「つみたてNISA」は2018年1月から始まった制度で、一方の「一般NISA」は2014年1月よりスタートしました。投資額や非課税期間以外にも、「対象が投資信託のみなのか」「国内外の上場株にも投資できるのか」などの違いがあり、現在はどちらか一方しか利用できません。

今回、政府が固めた方針によると、新制度では両方への投資が可能となり、年間投資額は「つみたてNISA」は現在の3倍の120万円、「一般NISA」は現在の2倍の240万円にまで拡大します。

それぞれ合わせると年間360万円となり、現在の「一般NISA」を利用した場合の3倍の投資額へと膨れ上がります。また、非課税で保有できる期間が無期限となるのも重大な変更点です。

現在の「つみたてNISA」と「一般NISA」の基礎概要

現在の「つみたてNISA」は、少額の長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度であり、対象商品は長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託に限定されています。初心者が始めやすい投資として、テレビやSNSで話題になりました。

【つみたてNISA】

利用できる人20歳以上の日本在住者
非課税投資枠毎年40万円
非課税期間最長20年
投資可能期間2018年〜2042年

一般NISA」は、投資信託だけでなく株式への投資もできる非課税制度です。年間の投資額は「つみたてNISA」よりも大きいですが、非課税期間は短いという特徴を持ちます。非課税期間後は通常の取り扱いとなり、約20%が課税されます。(「つみたてNISA」も同様)

【一般NISA】

利用できる人20歳以上の日本在住者
非課税投資枠毎年120万円
非課税期間最長5年
投資可能期間2014年~2023年

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 俳優の中尾彬氏(81)が心不全のため、5月16日に亡くなりました。妻である池波志乃氏が、所属事務所の…
  2. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…
  3. 2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…

おすすめ記事

  1. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…
  2. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  3. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る