米軍が中国の偵察気球を大西洋の米領海上で撃墜 「容認できない」と中国を批判

米国防総省は4日、中国の偵察気球を大西洋の米領海上で撃墜したと発表しました。米国は中国の気球を「偵察用」だと判断しており、国防総省は偵察気球の派遣は米国の「主権を侵害する容認できない」行為だと非難しています。

国防総省によると、米東岸のノースカロライナ、サウスカロライナ両州沿岸で空港3カ所を閉鎖し、周辺を航空禁止にして安全を確保した上で、戦闘機による撃墜作戦を実施したとされています。

ジョー・バイデン米大統領は、「撃墜に成功した。実施したパイロットたちをたたえたい」とコメントしました。アントニー・ブリンケン米国務長官は「容認できない無責任な」行為だと中国を非難し、来週に予定していた中国訪問を中止しています。

米国務長官の中国訪問が実現していれば、バイデン政権の閣僚としては初の訪中になるはずでした。その一方で中国外交部は「民間の無人飛行物体に対するアメリカの武力使用を非常に不快に思い、強く抗議する」と、声明を示しました。

撃墜した中国気球の残骸を米国海軍が回収

撃墜された気球の残骸は11キロにわたる洋上に散らばり、回収のため海軍艦2隻が現場海域に入りました。そのうち1隻は、残骸の回収用に大型クレーンを装備しています。

米軍幹部は、残骸の回収は「比較的簡単」「さほど時間はかからない」とコメント。そして米国海軍は7日に、回収した偵察用とみられる中国気球の画像を公開しました。

海軍の爆発物専門チームの一員が回収したとしており、実際に偵察機器だったのかどうか調べを進めています。米当局によれば、気球は全長60メートルで、重量は数百〜数千キロを超える可能性があるとのことです。

中国側は繰り返し、「飛行船は民間のもので、不可抗力によりアメリカ側に入った。これは完全に事故だ」と主張しています。米政府関係者は7日に、国防総省がロイド・オースティン国防長官と中国側との電話協議を設定しようとしましたが、中国に拒否されたとのことです。

今後、回収された中国気球の残骸から、さまざまな情報が明らかになっていくでしょう。現時点でも気球をめぐり、米中間の緊張は悪化していますが、今後さらに深刻化する恐れがあります。

ネット上では、「このままアメリカが黙って見過ごすわけない」「明らかなスパイ行為でしょ」「アメリカと中国が争いにならないか不安」などのコメントが見られました。今後も、米国と中国の関係性を追っていきます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「初期臨床研修医は平均年収435万円 研修医の平均年収と医師の働き方改革2024 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師の世界も2024年4月から厚生労働省による「働き方改革」が施行されました。医師の「働き方改革」と…
  2. 改正プロバイダー責任制限法が5月10日の参院本会議で可決され、成立しました。この改正法により、SNS…
  3. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…

おすすめ記事

  1. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  2. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る