パスポートの更新手続きが2023年3月からオンライン化 旅券法改正による変更点

外務省が9月30日に行った同法施行令等の閣議決定により、パスポートの更新手続きの電子申請が2023年3月27日より開始されます。

各省庁は2020年に改定された「デジタル・ガバメント実行計画」に基づいて、行政手続きのオンライン化を順次進めています。今回、外務省が旅券法改正を実施した背景は以下の通りです。

  • 申請者の利便性の向上
  • 旅券事務の効率化
  • 旅券の信頼性の向上
  • 新型コロナウイルスの感染拡大等の社会情勢の変化に対応した制度の見直し

これまでのパスポート更新は作業が面倒で、とにかく時間がかかっていました。更新手続きのオンライン化により、作業の簡易化や利便性の向上が期待されています。

なお、この改正を知った人々は、「オンラインで申請できるようになるのは大歓迎」「これまで面倒だったから助かる」「心理的なハードルがいくらか下がった」などの感想を抱いています。

2023年3月27日から施行される旅券法令の内容

2023年3月27日から、パスポートの発給申請手続きなどが一部オンライン化されます。具体的には、パスポートの残りの有効期限が1年未満で、新たなパスポートの発給を申請する「切替申請」の場合は電子申請が可能となり、申請時に旅券事務所へ行く必要がなくなります。

さらに、パスポートを紛失した場合もオンラインでの届出ができるように。それに加え、大規模災害時の旅券手数料の減免が可能になるほか、電子申請時にクレジットカードによる手数料のオンライン納付が順次可能になるとのことです。

外務省の公式サイトには、「過去に旅券を申請したものの、受領せず失効した場合、同じ申請者が5年以内に再度申請をする際、手数料が通常より高くなります」と注意書きされています。

そのほか、戸籍確認が必要な「新規発給」をする場合、これまで戸籍謄本もしくは戸籍抄本の提出を受けていましたが、施行日以降は戸籍抄本では受付不可となり、戸籍謄本の提出が必要となるため注意が必要です。

なお、パスポートの新規発行におけるオンライン化は、現時点で2024年度から開始される予定です。新規発行のオンライン化がスタートすれば、パスポートがより身近な存在へと変化します。

改正内容が記載されている外務省の公式サイトの文末には、「外務省としては、国民の皆様の利便性向上や事務効率化等に向け、今後とも領事業務の電子化を着実に進めて参ります」と記載されています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  2. 花粉症が嫌われる理由は多くの人にとって明白ですが、意外な利点があることが最近の研究で明らかになってい…
  3. 19日にイランでヘリコプターが墜落し、ライシ大統領やアブドラヒアン外相ら搭乗者全員が死亡しました。こ…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  3. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る