海上自衛隊のヘリコプター2機が墜落 隊員1人死亡、7人行方不明

20日深夜、伊豆諸島の鳥島東方海域で、海上自衛隊のSH60K哨戒ヘリコプター2機が墜落しました。2機に搭乗していた計8人の隊員の安否が注目されています。木原稔防衛相は、「2機が衝突した可能性が高い」との見解を示しており、事故の原因調査が進行中です。

海上自衛隊は救助活動を速やかに行い、1人を救助しましたが、その隊員の死亡が確認されました。残る7人の捜索活動は現在も続いています。

事故発生時、2機は潜水艦を探知する訓練に従事しており、20日午後10時38分ごろに1機が通信を失いました。わずか1分後には緊急信号が受信され、別の1機も11時4分に連絡が取れなくなるという事態に。それぞれ徳島県の小松島航空基地と長崎県の大村航空基地から発進したヘリコプターは、異なる護衛艦から任務を遂行していました。

海上自衛隊は、現場海域でフライトレコーダーを含む複数の部品を回収しました。回収されたフライトレコーダーは円筒形で、その表面の一部が発光していたことが発見に繋がったとのことです。また、「16」と書かれたドアとみられる部品や、根元から破断した回転翼の羽根も見つかっています。

この事故により、海上自衛隊は同型機の訓練を一時見合わせると決定。今後の調査結果が待たれる中、安全確保のための対策が急がれています。

ネット上では、「現時点で原因は分かりませんが、乗組員全員の無事を願います」「ヘリの故障や操縦ミスが要因としたら不自然に思う」「外的要因を疑うべきだと思います」などの意見が寄せられています。

搭乗員のヘルメットも回収 艦艇約10隻と航空機約5機が動員

事件に関与したSH60K哨戒ヘリコプター2機のフライトレコーダー、そして現場からは複数の搭乗員のヘルメットも回収されました。

捜索活動には自衛隊の艦艇約10隻と航空機約5機が動員され、海上保安庁の巡視船も加わっています。事故海域の水深は5,500メートルに及び、機体の引き揚げ作業には困難が伴います。

木原稔防衛相は21日午前の記者会見で、亡くなった隊員の冥福を祈りつつ、「7名については、自衛隊として全力を挙げて捜索救難にあたっている」と述べました。さらに、事故調査委員会が設置され、フライトレコーダーの記録を手がかりに原因の究明が進められています。

SH60K哨戒ヘリコプターは、2005年に部隊使用が承認された機体で、対潜水艦戦に特化しています。三菱重工業が機体を、IHIがエンジンを製造しており、最大速度は時速約260キロに達します。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 遺伝子改変ブタの腎臓移植を受けたリチャード・スレイマン氏(62)が、手術から約2ヶ月後に亡くなりまし…
  2. 2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  3. 広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…

おすすめ記事

  1. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…
  2. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…
  3. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る