阪神・淡路大震災の発生から28年 神戸で「阪神淡路大震災1.17のつどい」が開催

1995年1月17日に発生した大地震「阪神・淡路大震災」。6,434人が亡くなり、行方不明者は3人、負傷者は43,792人にまで及びます。2023年1月17日、戦後最大の被害をもたらした阪神・淡路大震災から28年を迎えました。

地震発生時刻の午前5時46分に合わせ、追悼施設のある神戸市中央区の東遊園地をはじめとした被災各地にて、亡き人をしのび鎮魂の祈りがささげられました。

東遊園地会場では、追悼行事「阪神淡路大震災1.17のつどい」が開催されます。この日の来場者は、新型コロナウイルス感染症拡大前とほぼ同じの約5万人が見込まれました。

暗闇のなか「1995 むすぶ 1・17」の文字をかたどった灯籠約1万本に火が灯され、集まった人たちが黙とうをささげます。灯籠でかたどる文字は毎年公募のなかから選ばれ、今年は「むすぶ」に決定しました。過去と未来、震災経験者と知らない世代、被災者と支えるひとたちを「むすぶ」という思いが込められます。

そのほか、各地の公園でもそれぞれ追悼行事が行われました。神戸市の灘区王子町では、1.17を忘れずに語り継ぐため、ひょうご安全の日のつどいとして「1.17ひょうごメモリアルウォーク2023」が開催。また、今年は東京での追悼行事も3年ぶりに実施されました。

1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災の被害概要

1995年1月17日午前5時46分に、淡路島北部を震源地とする地震が発生しました。東北地方から九州地方までという、広い範囲で大きな揺れを観測。国内では史上初となる震度7を記録しました。

都市部で起きた直下型地震では、約63万棟の住宅が被害を受けました。犠牲者は6,434人で、ほとんどの人が家屋の倒壊や家具などの転倒によるものです。この地震では直接的な被害だけでなく、時間が経過してから疲労やストレスで亡くなる人も多くいました。

揺れによる住宅被害は63万9,686棟のうち、全壊が10万4,906棟、半壊が14万4,274棟、一部損壊が39万506棟でした。火災による住宅被害も、7,574棟にまで及びます。さらに地震による影響で、道路や鉄道といった交通網は断絶され、ガスや電気、電話などのライフラインが被害を受けました。

また、地震が発生した1月17日だけでなく、住宅確保の困難やライフラインの欠損により、その後の多大なる被害が確認されています。自力で住宅を確保するのが難しい人のために、災害復興住宅と呼ばれる公営住宅が建てられましたが、同時期に孤独死が相次ぎました。

神戸を中心に発生した阪神・淡路大震災を忘れず、未来に伝えていくため、被災各地で追悼行事が開催されました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 東京都の合計特殊出生率が0.99となり、全国で唯一1を下回る結果となりました。厚生労働省が5日に発表…
  2. NTTドコモは3日、無人航空機を活用した「空飛ぶ基地局(HAPS)」の商用化を2026年に目指すと発…
  3. IT大手の米Appleが時価総額で再び世界トップに返り咲きました。13日の取引でApple株価は0.…

おすすめ記事

  1. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る