中国の人口が61年ぶりに減少し、少子高齢化が加速 人口大国はインドが有力か

中国の人口が減少し、世界最大の人口大国をインドに譲った可能性が浮上しています。14億人という莫大な人口を誇っていた中国ですが、産児制限の影響で少子高齢化が止まらず、2022年末の人口は61年ぶりに前年末を下回りました。

中国の国家統計局は2023年1月17日に、2022年末時点の人口は14億1,175万人で、前年から85万人減少したと発表。出生数は956万人と、前年から107万人減っています。出生数が1,000万人を下回ったのは、1949年の建国以来初めてだとされます。

その一方で、死亡数は1,041万人と、前年から27万人増加しました。死亡数は2021年、2022年と2年連続で高い伸びとなっています。

中国で問題視されているのは、人口の減少だけではありません。日本と同様に、中国でも少子高齢化が深刻化しており、65歳以上の人口は2億978万人と、高齢化率が14.9%となりました。この数値は、国連統計に基づく推定よりも速いペースで進んでいるとされます。

さらに15~65歳の生産年齢人口は、2013年の10億1,041万人をピークに減少が続いています。なお、国連によるインドの推定人口は14億1,200万人なので、人口が14億1,175万人の中国は首位から脱落し、インドが世界最多となった可能性が高いです。

中国の出生数が減少している原因

今回、中国の出生数が減少した原因については、妊娠適齢期女性の減少や初婚・初産年齢の上昇、新型コロナウイルス感染拡大の影響などが考えられています。また、子育てのコストが高すぎること、さらには一人っ子政策の副作用とも言われています。

出生数の減少や少子高齢化が進むことにより、今後30年、中国は労働力が減少し、貯蓄率の低下などが経済成長を引き下げ、消費構造の変化によって不動産業などの長期的な成長力が弱まると予測されています。

しかしこれは中国だけに限らず、少子高齢化が加速している日本にも該当する問題です。現時点でも日本は少子高齢化が問題視されていますが、今後さらに加速し、2045年には65歳以上の人口が約37%を占めると言われています。

また日本の総人口は、総務省統計局の人口推計を見れば、年々減少していることが明らかです。2023年1月1日時点での総人口は1億2,477万人で、前年同月に比べて約53万人も減少しています。

そのため今回の中国における人口減少については、日本でも同じような問題が起こっているのだと、改めて認識しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 静岡県の川勝平太知事は28日、定例記者会見でリニア中央新幹線静岡工区における大井川の水問題対策として…
  2. 政府は11月22日、子どもと関わる職に就く人の性犯罪歴を確認する新制度「日本版DBS」の導入に向け、…
  3. 「子どもの適切な睡眠時間とは?とくに幼稚園児について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    睡眠はとても重要です。経済協力開発機構(OECD)の調査によると、日本は先進国の中で、睡眠時間が最も…

過去よく見られている記事

  1. 新宿矯正展

    2023-8-30

    新宿矯正展とは?刑務所で作られた製品が多数販売!主催の府中刑務所についても紹介

    2023年8月3日(木)〜9日(水)にかけて、およそ3年ぶりに新宿矯正展が開催されました。現地の様子…
  2. 青森刑務所内で開催された受刑者向け慰問活動『えんぶり』と観覧する受刑者たち

    2023-8-28

    青森刑務所内で4年ぶりに受刑者向け慰問活動『えんぶり』が開催

    2023年7月26日(水)青森刑務所内の講堂にて行われた八戸朳(えんぶり)研賛会による『えんぶり』と…
  3. 2023-4-11

    30〜70歳代の貯蓄ゼロが約2〜3割 貯蓄を増やすための効果的な節約術とは

    金融広報中央委員会は2023年2月、「家計の金融行動に関する世論調査2022年(二人以上世帯調査)」…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第3回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 柳沢有紀夫氏|海外書き人クラブのお世話係
    『海外書き人クラブ』という世界各国で活躍する日本人ライター集団のお世話係として活動する柳沢有紀夫氏。…
  2. 演歌歌手・琴けい子
    演歌歌手生活40年を越えた琴けい子氏が、デビュー当時から精力的に行っているのが全国の刑務所を巡るボラ…
  3. 寺田真理子
    メンタルヘルスの問題に悩む人は多い。一見すると万事順調に見える人がうつ病を経験していることも珍しくな…
ページ上部へ戻る