米Netflixが『新聞記者』の制作会社と業務提携 今後5年間にわたって共同制作

米Netflixは、サイバーエージェントの連結子会社であるBABEL LABELと業務提携しました。今後5年間にわたり、共同で映画やドラマを制作し、それら作品を世界190カ国に配信するとのことです。

日本での提携はアニメ制作会社が多い傾向にありましたが、今後はBABEL LABELとともにドラマや映画にも広げていくとされます。米ウォルト・ディズニーもアジアで制作を拡充し競争が激しくなるなか、提携先を広げて日本初のヒット作品を目指します。

BABEL LABELの代表取締役社⻑である山田久人氏は、自身のTwitterアカウントにて「この度、BABEL LABELはNetflixと戦略的パートナーシップを締結いたしました。 日本発のコンテンツスタジオとして引き続きチーム一丸となって頑張っていきたいと思います。 今後ともよろしくお願いいたします」と投稿しました。

また、コンテンツ部門 バイス・プレジデントの坂本和隆氏は、「藤井道人監督をはじめとするBABEL LABELが描く挑戦的かつ豊かなストーリーテリングに、これまでに何度も心を打たれました。昨今Netflixでは、日本発の作品が世界のTOP10作品に入るほど注目が集まっていることを実感しており、今回の取り組みを契機に、一層日本や世界の視聴者これまで見たことのないエンターテイメントを届けられることをお約束します」と、業務提携に対する熱い思いを語りました。

BABEL LABELとはどんな映像制作会社?

BABEL LABELは、東京を拠点に活動する映像制作会社です。『新聞記者』や『余命10年』、『野武士のグルメ』といった映画制作のほか、テレビドラマやMV、舞台などの制作も手掛けています。

なかでも『新聞記者』は、第4回アジアコンテンツアワードにて作品賞、主演女優賞、New Comer賞の主要3部門にノミネートされ、世界中から注目を集めました。BABEL LABELには、藤井道人監督をはじめとする名だたるクリエイターが所属しています。

2022年1月にサイバーエージェントが、株式会社BABEL LABELを連結子会社化したと発表。連結子会社化後も社名や経営体制は変わらず、代表取締役の山田久人氏が引き続き社長を務めています。

今回、米NetflixとBABEL LABELが業務提携したことに対して、ネット上では「世界中に発信されるのが楽しみ!」「すごすぎる!応援しています!」「このときがくる予感がしていた」などの意見を寄せています。これから発表される共同作品に期待が高まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 改正プロバイダー責任制限法が5月10日の参院本会議で可決され、成立しました。この改正法により、SNS…
  2. 花粉症が嫌われる理由は多くの人にとって明白ですが、意外な利点があることが最近の研究で明らかになってい…
  3. 米テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は23日、投資家向けの電話会議で開発中のヒ…

おすすめ記事

  1. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  2. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  3. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る