TBSテレビの女社員を覚醒剤使用の疑いで逮捕 「間違いはありません」と容疑を認める

警視庁代々木署は23日、覚醒剤を使用したとしてTBSテレビ社員の越智忍容疑者(47)を逮捕しました。警視庁によると、逮捕された越智忍容疑者は今月上旬から22日までの間、都内やその周辺で覚醒剤を使用した疑いがもたれています。

越智忍容疑者は警視庁の調べに対して、「覚醒剤を使用したことに間違いはありません」と容疑を認めています。なお越智忍容疑者は、木村拓哉主演のドラマ『華麗なる一族』や『MR.BRAIN』などの番組を、CG、VFXなど特殊効果の技術畑で支えていました。

プライベートでは20年ほど前に、東大卒の同僚社員と結婚していたとのこと。その後、夫婦関係は突如として破綻し、そこから覚醒剤使用に至るまでの経緯は明らかになっていません。

TBSテレビは「当社の社員が逮捕されたことは誠に遺憾です。事実関係を調べ厳正に対処してまいります」とコメント。警視庁は覚醒剤の入手ルートや、詳しい経緯を調べています。

この事件に対してネット上では、「どのような理由があっても正当化できない」「どのように薬物のところまで接触したのか気になる」「どうせTBSは自局では何も発表しないんでしょ」などの意見があがっています。

覚醒剤関係で1月14日に60代女性の遺体が見つかる

1月14日、神戸市西区のホテルで「女性が苦しんでいる」という通報があり、ホテルの部屋から60代女性の遺体が見つかりました。警察は通報した兵庫県洲本市に住む、40代の元交際相手の男を調査していました。

捜査関係者によると、1月23日に調査していた男が大阪市内にいることがわかり、1月25日までに覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕したとのことです。防犯カメラの映像などから、男は事件前日の夜に女性と一緒にホテルに入っていたことから、何かしらの事情を知っていると踏んで警察は調べています。

そのほか、前日には覚醒剤を染み込ませた素焼きのタイルをメキシコから国内に密輸しようとしたとして、東京税関が中国国籍の容疑者を検察に告発しました。東京税関によると、容疑者は2022年10月に、覚醒剤を染み込ませた装飾用の素焼きタイルおよそ360枚を、メキシコから航空貨物でさいたま市内のアパートまで密輸しようとしていたとのことです。

さらにTwitterなどのSNSでも、「#アイス手押し」などのハッシュタグで、覚醒剤と思われる薬物の販売が堂々と行われています。2023年になってから、覚醒剤関連の事件が相次いでいます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. DMM.comグループの暗号資産交換業者であるDMM Bitcoin社は5日、グループ内から550億…
  2. 衆議院東京15区補欠選挙で選挙妨害を繰り返したとして、政治団体「つばさの党」の代表ら3人が公職選挙法…
  3. 神戸須磨シーワールドグランドオープン
    2024年6月1日(土)、西日本初となるシャチのパフォーマンスを楽しめる水族館「神戸須磨シーワールド…

おすすめ記事

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…
  3. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る