米司法省が米Googleを提訴 デジタル広告市場をゆがめたと指摘

米司法省は24日、世界最大の検索エンジンを運営する米Googleを、反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いで提訴しました。同社による「反競争的な行為」が、デジタル広告市場をゆがめたと指摘しています。

ガーランド司法長官は「Googleは、他者を排除する行為によって(デジタル)広告技術分野での競争を著しく弱体化させてきた」と発言。広告に関わる需要と供給を結びつけ、収益につながる同社のデジタル広告事業について、一部を切り離すよう求めています。

また、同社が競合他社の買収や顧客にシステムの利用を強制するなどで市場競争を阻害したと指摘し、「非競争的で違法な行為によって、優位性を脅かす者を排除した」と主張しています。

バイデン政権下でのGoogleの提訴は初めてですが、米司法省は2019年から同社を調査しており、同省による提訴は今回が2回目となります。米司法省は、Googleが拠点を置くカリフォルニア州をはじめとした8つの州とともに、バージニア州の連邦地裁に提訴しました。

提訴のニュースを受けてアルファベット株が一時下落

米司法省がGoogleを提訴したというニュースを受け、24日の米株式市場でGoogleのグループ会社であるアルファベット株が売られ、一時2.5%下落しました。なお、同社における23日までの12ヶ月間の下落率は23%であり、ナスダック100指数をアンダーパフォーム(運用成績が指標を下回る)しています。

競合他社やインターネット広告に関わる事業者は、Googleが広大なネットワークの一部を利用し、競合相手に打撃を与えていると批判してきました。市場調査会社であるeMarketerによると、2023年の米デジタル広告収入はGoogleだけで、約657億ドル(約8兆5,500億円)に達する見込みであるとのことです。これは、米市場全体の約26.5%に相当します。

また検索エンジンの広告収入に加え、動画配信サービスYouTubeが2.9%のシェアを占めていることからも、Googleというサービスが米市場全体に大きな影響を与えていることがわかります。

一方でGoogleは、オンライン広告市場について活発な競争が行われていると反論。同市場での主な競合相手として、AmazonやMicrosoftを挙げています。

なお、ネット上では「強すぎる企業に分割を要求するのは真っ当だ!」「市場で勝ち抜いた企業にこの手の裁判を起こすのはどうなのか?」など、賛否の声があがっています。今後の米司法省とGoogleの動向に注目したいところです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 京都大学高等研究院の斎藤通紀教授らは、ヒトのiPS細胞から卵子の元となる「卵原細胞」を大量に作り出す…
  2. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. 「子どもの自律訓練法 不安緊張やストレスの緩和に有効なトレーニング子どもの自律訓練法 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    心と体をつなぐ神経と言われる自律神経は、興奮したり、ストレスを感じたりした時に優位になる交感神経と、…

おすすめ記事

  1. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  2. 2023-11-1

    米津玄師「KICK BACK」がアメリカレコード協会からゴールド認定 39年ぶりの快挙

    シンガーソングライターの米津玄師氏(32)が手掛けた楽曲「KICK BACK」が、8月にアメリカレコ…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る