俳優の佐藤二朗が悔しい思いをツイート 「ファックユーくらいのことは言っておきたい」

俳優や脚本家、映画監督として活躍する佐藤二朗氏(53)は2月3日、自身が手掛けた映画「はるヲうるひと」が国内の映画祭で完無視されたとして、自身のTwitterで悔しい思いを記しました。

「はるヲうるひと」は、売春宿が点在する島を舞台に、行き場のない思いを抱える男女の姿を描いた作品です。原作・脚本・監督を佐藤二朗氏が務めており、そのほか山田孝之氏と仲里依紗氏が主演を務めています。

2020年に韓国で行われた「第2回江陵国際映画祭」では、最優秀脚本賞を受賞。日本では2021年に公開され、舞台挨拶では山田孝之氏が「なんとか日本アカデミー(賞)に呼ばれないかな」と発言していました。

しかし、国内の映画祭では賞を受賞することはありませんでした。それに対し、「映画『はるヲうるひと』は、イギリスで邦画を配給するある会社が、その年の175本の邦画のうち、1位にしていた。韓国の映画祭では最優秀脚本賞も頂いた。日本の映画祭ではオール完無視。いや、もちろん。僕たちは賞なんかのためにやってない。ただ、ファックユーくらいのことは言っておきたい。」と発言。

さらに続けて、「言うまでもなく、悔しさと、負け惜しみだ。上記ツイートを見た妻から烈火の如く怒られたからではない。本当に、単なる、負け惜しみだ。」と自身の悔しい思いを伝えています。

佐藤二朗のツイートにはユーモアが溢れている

今回、強い口調で自身の悔しさを伝えた佐藤二朗氏ですが、普段のツイートからもユーモアを感じ取れます。

「そうだ。オナラしよう。」というツイートには、2月7日時点で1.7万件以上の「いいね」が。「今はやることがあるからダメと言ってるのに、『お父さん、ユニクロに行くために、車を出すのいつ?今でしょ。今でしょ』と水を得た魚のように、めっちゃ嬉しそうに連呼する妻よ。正直言おう。それ、わりと古い。」のツイートには、1.5万件以上の「いいね」が付いています。

今回の悔しい思いを伝えるツイートに対しても、2月7日時点で1.2万件の「いいね」、800件以上の「リツイート」が付きました。ファンからは、「観ましたよ!とっても心にくる映画でした」「何とも味のある作品だと思いました」「内容が驚きでずっとしんどくて、でもみんなのこともっともっと知りたくなる素敵な映画でした」などの温かいコメントが寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「アドラー心理学による子育て 現代社会で重要視される理由」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育てに関して調べると、必ず出てくるのが「アドラー心理学」。最近、非常に注目されていて、子育てで調…
  2. 東京都の合計特殊出生率が0.99となり、全国で唯一1を下回る結果となりました。厚生労働省が5日に発表…
  3. インターネット上の偽情報対策として、政府は大手SNS事業者などに対し、広告掲載の事前審査基準の公表を…

おすすめ記事

  1. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…
  2. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  3. 2023-11-1

    米津玄師「KICK BACK」がアメリカレコード協会からゴールド認定 39年ぶりの快挙

    シンガーソングライターの米津玄師氏(32)が手掛けた楽曲「KICK BACK」が、8月にアメリカレコ…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る