野口 聡一氏がスペースXを絶賛する理由 「間違いなくパラダイムシフト」

元・JAXA宇宙飛行士である野口 聡一氏は、イーロン・マスク氏が手掛けるスペースXを絶賛しています。その理由について、いま注目が集まっています。

2022年7月19日〜21日の3日間、宇宙ビジネスカンファレンス「SPACETIDE 2022」が開催され、2日目に野口 聡一氏は自身の宇宙飛行士の経験をもとに、未来の宇宙旅行・開発のあり方について語りました。

「宇宙キャスター」という肩書きも持つ一般社団法人そらビ代表理事の榎本氏が進行役としてスタート。最初に、2021年、宇宙飛行した一般の旅行者がプロの宇宙飛行士より多くなったことについて、意見を求められた野口 聡一氏は、スペースXの宇宙産業に与えた影響の大きさを述べました。

イーロン・マスク氏が率いるスペースXは、2020年5月に民間企業として世界で初めて有人試験飛行を実現し、その後の2020年11月に本格運用初号機が打ち上げられました。そのクルーの1人だったのが野口 聡一氏です。

野口 聡一氏はそのことについて、「僕たちは2020年11月に打ち上げられ、2021年5月に帰還した。そのわずか4ヶ月後に、同じカプセルを使って民間人4人だけのプロが誰もいないフライト Inspiration4を成功させた」と語りました。

なお、初号機の打ち上げからはNASAなどの支援を受けず、スペースX自らが運用や訓練、救援部隊の配置などを行っています。

スペースXの手法を「間違いなくパラダイムシフト」と語る

従来であれば長期間に渡る訓練を受けて挑戦できる宇宙飛行ですが、そのときは圧倒的に短い訓練期間で成功させています。そのことが関係者にとって驚きだったとのことです。

その後、訓練期間をさらに短くし、プロの宇宙飛行士1人が同乗する「Axiom Mission 1」を実現させたことも衝撃的で、スペースXによる宇宙飛行の手法を「間違いなくパラダイムシフト」と、野口 聡一氏は振り返っています。

スペースXを絶賛する理由を述べた野口 聡一氏は、今後こうした宇宙旅行の方法が当たり前のようになると見ています。また、プロの宇宙飛行士が同乗することにより、民間人は緊急時の危機管理に気を回さなくて良くなることが重要、とも語りました。

最後に、「AXAとNASA生活より、最後の2年間のスペースX生活で学んだことが多い気がしている」と語り、スペースXは「変革が速いアジャイルな組織」「考え方がフレキシブル」「ドラスティックな変化をいとわない」という企業体質だと分析しました。

スペースXは新型宇宙ロケット「スターシップ」の打ち上げ準備を進めるなど、宇宙開発に現在も積極的に取り組んでいます。今後のスペースXの活躍に期待が高まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 東京地裁は18日、KADOKAWA、集英社、小学館の3大出版社が、かつて日本最大の海賊版サイト「漫画…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板
    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. 大手コンビニチェーンのローソンは国内の業績が好調で、大幅な増収増益となり、営業収益と最終利益でファミ…

おすすめ記事

  1. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る