佐賀大・富山大の研究チームがアトピーのかゆみ原因を解明 治療薬の開発が進められる

佐賀大学や富山大学の研究チームは、アレルギー反応のなかでも皮膚に炎症が見られる「アトピー性皮膚炎」のかゆみの原因となる物質と、その反応機構を突き止めました。また、かゆみを抑える薬となり得る化合物を発見したとのことです。

その発見を基に、今後はベンチャー企業と製薬開発に取り組む予定で、小児を中心に発症している皮膚炎の症状改善につながると期待されています。

そもそもアトピー性皮膚炎とは、皮膚のバリア機能が弱い20歳未満の人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気のことです。主な症状は、湿疹(しっしん)やかゆみであり、良い状態と悪い状態を慢性的に繰り返すのが特徴です。

これまでアトピー性皮膚炎は原因が解明されておらず、ホコリやダニ、食べ物といったアレルゲン物質やストレスが原因だと考えられていました。ステロイドなどの薬物治療法はありますが、効き目は個人差があり、かゆみに対して有効ではないため、アトピー性皮膚炎の原因解明と治療薬の開発が課題となっていました。

研究チームはアトピー性皮膚炎の原因として「ペリオスチン」に注目

佐賀大の出原賢治教授は「約10年前にアトピー性皮膚炎のカギとなる物質を発見した。この10年で炎症に関わる機構や治療薬に向けた研究を進められた」と語っています。研究チームはアトピー性皮膚炎の原因として、皮膚組織に誰もが持つタンパク質の「ペリオスチン」に注目しました。

かゆみが引き起こるのは、ペリオスチンが別のタンパク質と結びつくことが原因だと解明。ペリオスチンが通常のマウスと少ないマウスで実験をしたところ、ペリオスチンが少ないマウスは体をかく動作がなく、かゆみが改善されていることが確認されました。

また、別の疾患を想定して作られていた人工の化合物「CP4715」に注目し、研究チームは新薬の開発を進めています。CP4715を用いれば、かゆみを誘発するタンパク質の結合を防げることが判明しており、安全性の確認もある程度済んでいるため、治療薬として応用・開発する期間を短縮できると予想されています。

アトピー性皮膚炎に対するCP4715の効果については特許を申請中で、治療剤として認められるようベンチャー企業と開発・研究を進めています。

ネット上では、「これは嬉しいニュースだ」「皮膚病に関しては研究が遅れていたから歓迎するべき」「治療薬の発明はとてもポジティブだ」など、治療薬の開発に期待する声が多数あがっています。今後の研究チームの動向にも注目したいところです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. 「アドラー心理学による子育て 現代社会で重要視される理由」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育てに関して調べると、必ず出てくるのが「アドラー心理学」。最近、非常に注目されていて、子育てで調…
  3. 2025年大阪・関西万博で参加国が自前で建設する海外パビリオン「タイプA」の計画が、大幅な遅れに直面…

おすすめ記事

  1. 2024-5-18

    広島・安芸高田市の石丸伸二市長が東京都知事選挙に立候補 東京一極集中の是正を目指す

    広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る