タクシーの変動運賃制が5月より導入開始 通常運賃と比べて上下5割の変動幅

国土交通省はタクシー運賃について、需要に応じて金額を変動させる「ダイナミック・プライシング」制度を5月にも導入する方針を固めました。この制度は、利用者が配車アプリで料金を事前に確定させる場合のみに活用できるとのことです。

事業者は現在の通常運賃と比べ、5割引き・5割増しの範囲内で料金を設定できるようになり、これによりタクシーの潜在需要の開拓につながると期待されています。

タクシーは公共交通機関なので、過剰な高額料金は望ましくないとして、料金の変動幅は上下5割に収め、国交省が本制度の様子を確認できるよう、事業者には3ヶ月ごとに運輸局に運賃水準を報告することを求めています。

本制度の想定としては、雨天やイベント、終電後などタクシー利用者が増える際は運賃を高く設定し、その一方で、日中などの客が少ない時間帯は運賃を安く設定します。乗客が割高だと判断した場合は、無理にタクシーを利用する必要はありません。

この制度が本格導入されれば、タクシー利用者の多様な要望に応えることが可能になります。新型コロナウイルス感染症の影響で外出を自粛する動きが強まり、タクシー利用者が減少傾向にありましたが、この制度の導入により、新たな利用者層の獲得に期待されています。

なお、国交省は利用者が戸惑わないよう、さらには安心して利用できるようにする必要があるとして、スマホアプリによる行き先予約を活用し、料金を事前に確定させる場合のみを対象にしました。

国交省による実証実験は2021年からスタートしていた

タクシーのダイナミック・プライシング制度を取り入れるための実証実験は、2021年10月11日から東京都特別区・武三地区で開始されています。タクシー配車アプリ「GO」が参加し、11月30日までの期間中は、すべての事前確定運賃にダイナミック・プライシング制度が適用されました。

また、国内のUberも10月21日から実証実験に参加し、東京都内の20区でタクシー事業者12 社(約1,000台)と共に制度を導入しています。ニーズが供給可能台数を上回る場合は公定価格上限から20%以内で割増、ニーズが下回る場合は公定価格下限から10%以内で割引となりました。

これらの実証実験があり、国交省は5月にも本制度を導入する方針を決めました。ネット上では、「面倒になるから余計なことをしないでほしい」「結局は運賃が下振れするんじゃない?」「タクシードライバーにとってはマイナスなのでは?」など、否定的な意見が多く寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 19日にイランでヘリコプターが墜落し、ライシ大統領やアブドラヒアン外相ら搭乗者全員が死亡しました。こ…
  2. 米国のテクノロジー大手Googleは8日、生命活動の核心をなすたんぱく質やDNA、RNAなどの分子構…
  3. 5月6日、東京ドームにて井上尚弥選手(31歳、大橋ジム)がルイス・ネリ選手(29歳、メキシコ)を迎え…

おすすめ記事

  1. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  2. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…
  3. 2023-11-9

    NASAがボイジャー2号のソフトウェアを更新 探査機までの距離はおよそ193億km

    NASAは長期間にわたり宇宙の深遠へと旅しているボイジャー2号の最新の状況を公表しました。ボイジャー…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る