東証プライムからスタンダードに自主降格する企業が多発 降格ラッシュが起こる理由

東証プライム市場からスタンダード市場に移行する降格ラッシュが相次いでいます。その背景には、「特例」という選択肢が関係しています。

2023年3月、スマホゲーム開発を手掛ける株式会社マイネットは、「スタンダード市場上場の選択申請の決定に関するお知らせ」として、東証プライム市場上場からスタンダード市場に移行することを表明しました。

マイネットをはじめとした、4月末時点でスタンダード市場に移行する企業は以下の通りです。いずれの企業も、プライム市場の要件である「流通株式時価総額100億円」を満たしていません。

  • マイネット
  • ODKソリューションズ
  • ダイセキ環境
  • ソリューション
  • 岩崎通信機
  • IKホールディングス
  • サーバーワークス
  • エスクロー・エージェント・ジャパン
  • JNSホールディングス
  • サインポスト

各社は旧東証1部からプライム市場に移行するにあたり、東京証券取引所の指示で流通株式時価総額を引き上げる計画をしていました。しかし、業績不振や株価低迷によって目処が立たず、およそ1年で撤回を余儀なくされました。

スタンダード市場に自ら降格する理由

プライム市場は3つの市場区分のなかで最も上場基準が厳しく、高い流動性やガバナンス、安定的な経営成績などが求められます。しかし、旧東証1部から横滑りでプライム市場に入った企業のうち、296社はプライム市場が定める上場維持基準を下回っていました。

東京証券取引所は経過措置を設け、改善計画の策定を条件にプライム市場への移行を許可しました。しかし経過措置の期間は「当分の間」と曖昧で、いつまでプライム市場に残れるのかわかりません。また「自動的に移れるのか」「上場審査が再度必要なのか」といった詳細も不明確でした。

そこで東京証券取引所は2023年1月の上場規則改正時に、上場維持基準を下回る企業に対し、上場廃止予備軍である「監理銘柄」を経由して再度審査を受ける方法と、早々にプライム市場の上場維持を断念する特例の2つの選択肢を提案しました。

前者は、3月期決算企業の場合、2026年3月末時点で上場維持基準を満たしていなければ監理銘柄に指定され、最短で同年9月頃に上場廃止となります。一方、後者であれば、2023年4月から9月末の間に特例を使うことで、スタンダード市場に申請書の提出のみで移行できます。

現時点でも多くの企業が早々にプライム市場の上場維持を断念する特例を活用しており、今後も上場廃止のリスクを軽減するため、複数の企業が特例を用いる可能性があります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 一関市の会社員・大滝洸氏(27)は手術を受けることなく、女性から男性への戸籍上の性別変更が認められま…
  2. インターネット上の偽情報対策として、政府は大手SNS事業者などに対し、広告掲載の事前審査基準の公表を…
  3. NTTドコモは3日、無人航空機を活用した「空飛ぶ基地局(HAPS)」の商用化を2026年に目指すと発…

おすすめ記事

  1. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…
  2. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…
  3. 2023-11-1

    米津玄師「KICK BACK」がアメリカレコード協会からゴールド認定 39年ぶりの快挙

    シンガーソングライターの米津玄師氏(32)が手掛けた楽曲「KICK BACK」が、8月にアメリカレコ…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る