中国の百度が完全自動運転タクシーの営業をスタート 今月末までに100台以上を稼働

中国IT大手の百度(バイドゥ)が手掛ける完全自動運転タクシーの営業が本格的にスタートしました。中国・湖北省武漢市では、今月末までに完全自動運転タクシーが100台以上稼働するとのことです。

車に搭載されたレーダーやカメラで道路状況を把握しながら走行しており、百度の担当者は「これまでに人身事故は起きていない」と強調しています。この完全自動運転タクシーのサービスは、専用アプリを使用することで18歳から60歳までの人が利用できます。

百度の担当者は「さらに規模を拡大させ、武漢を世界一の自動運転エリアにしたい」と発言しました。

なお、百度が完全自動運転のタクシーサービスの運営許可を取得したのは2022年です。当時は、重慶と武漢の2都市からサービスを提供すると発表し、試験的な運用として、完全自動運転タクシーを5台配備していました。

試験当時は助手席に安全管理者が座っていましたが、現在ではその姿はなく、完全無人での営業となります。もちろん運転席には誰も座っていません。

また百度は2022年12月に、完全自動運転タクシーの車両を200台追加すると発表していることから、今後さらにこのタクシーの車両が増えることが予想されます。ネット上では、「安全性が気になる」「技術の発展がすごすぎる」「事故が多発しないか心配」などのコメントが寄せられています。

百度とテスラの競争が激化|百度が一歩リードか

自動運転機能の開発を進めるもう1つの代表的な自動車メーカーとして、イーロン・マスク氏が手掛けるテスラが挙げられます。テスラの「Model 3」や「Model Y」は世界的に人気が高く、百度に並んで自動運転機能を強化しています。

しかし、百度の李彦宏CEOは2022年8月、電気自動車(EV)部門の集度汽車(ジードゥ)について、自動運転技術についてテスラより1世代先行すると表明しました。「スマートビークルを巡っては、電動であることが準決勝で、インテリジェントであることが決勝だという理解をしている」とコメント。

また、集度汽車の夏一平CEOは声明で、2028年に80万代のロボット車の出荷を目指していると表明しました。2024年に2車種目の量産モデルを投入する予定であるなど、ロボット車の開発が積極的に進められています。

さらに集度汽車の自動車は、レーザー光を使って物体との距離や方向を測定するライダーとカメラを搭載していますが、一方のテスラ車はライダーセンサーを使用していません。今後の百度とテスラの動きに注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「教師のサブスク給与 一定額で働かせ放題の年収739万円」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    教師は、子どもたちが「社会」を知るうえで、道しるべとなる大切な職業です。数学、科学、文学などの教科を…
  2. LINEヤフーとLINE Payは、日本国内における「LINE Pay」のサービスを2025年4月3…
  3. 日本政府と米Appleが合意に達し、2025年春からマイナンバーカードの機能がiPhoneに搭載され…

おすすめ記事

  1. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  2. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…
  3. 2024-5-18

    広島・安芸高田市の石丸伸二市長が東京都知事選挙に立候補 東京一極集中の是正を目指す

    広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る