2022年の出生数が80万人割れ 1899年に統計を開始以来、過去最少を記録

厚生労働省が2月28日に発表した「人口動態統計」によると、2022年の出生数が過去最少を記録したことがわかりました。2022年の出生数は79万9,728人で、1899年に統計を開始して以来、初めて80万人を切りました。

国内の外国人などを除き、日本在住の日本人に限定すれば77万人前後になると予想されます。政府機関の推計より10年ほど早いペースで少子化が進んでいるとのことで、出生数の低下が続けば、社会保障制度や国家財政の維持が困難になる可能性があります。

なお1949年の出生率は約270万人、1973年は約209万人でした。そこから少しずつ出生数が減少し、2022年には過去最少を記録。一方で、国民の死亡数は前年に比べて12万9,744人増加しており、死亡数の合計は過去最多の158万2,033人でした。

さらに死亡数から出生数を引いた人口の自然減は、78万2,305人と過去最大の減少幅となりました。また国内における人口の減少に伴い、日本の高齢化が加速しています。

出生数の減少に対する主な影響

日本の出生数が減少することは、個人の選択に留まらず、さまざまな観点に影響を及ぼします。大きく影響するのは、労働力の減少による経済力の縮小と、介護難民の急増の2点です。

若い国民が減り労働力が減少することで、経済力の縮小につながります。その結果、国の税収が減少し、年金などの社会保障の維持が難しくなります。

また、人手不足や高齢者の増加が影響して、介護施設に入れない高齢者が増えるなど、介護難民の急増が起こります。現在も超高齢化社会として度々問題にあがっていますが、これからはさらに深刻化すると予想されています。

出生数の減少が起こる主な理由

出生数が減少する主な理由として、子育てをする自信がない、自分の時間が取れなくなるなど、複数の原因が考えられています。しかし、最も大きな要因として、経済力の低下があげられます。

物価や教育費の上昇、賃金の上昇幅などが相まって、子育てに対する負担が思った以上に深刻化しているのです。出生意欲の低下が高まっているなか、教育費の負担軽減が重要であると指摘されています。

また、インターネットやSNSの発展などが影響し、結婚や出産に対する意欲が減少している点もポイントです。若者が結婚・出産したいと思えるような策を打つ必要があると、各所で要望が出されています。

そのための対策として、児童手当の増額や学費の軽減、保育関連の支援拡大など、さまざまな提案があがっています。ネット上では、「人口減少が本格的にヤバい」「対策は明確でしょ」「なぜ政策を打たないのか」などの意見が見られました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  2. 「初期臨床研修医は平均年収435万円 研修医の平均年収と医師の働き方改革2024 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師の世界も2024年4月から厚生労働省による「働き方改革」が施行されました。医師の「働き方改革」と…
  3. 米国のテクノロジー大手Googleは8日、生命活動の核心をなすたんぱく質やDNA、RNAなどの分子構…

おすすめ記事

  1. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  2. 2023-11-9

    NASAがボイジャー2号のソフトウェアを更新 探査機までの距離はおよそ193億km

    NASAは長期間にわたり宇宙の深遠へと旅しているボイジャー2号の最新の状況を公表しました。ボイジャー…
  3. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る