三浦瑠麗氏が夫逮捕の件でインタビューに対応 「私がしゃべってはいけない」

三浦瑠麗氏(42)の夫・三浦清志容疑者(43)が、業務上横領の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。その件について、三浦瑠麗氏が直撃インタビューを受け、「ホームページにコメント出したので、そちらをご覧ください」と答えています。

三浦瑠麗氏の会社のホームページでは、「一部報道におきまして、私の夫である三浦清志が逮捕されたという事実を知りました。引き続き、捜査に全面的に協力する所存です」と、捜査に協力する意思を示しました。さらに続けて、「家族として、夫を支えながら推移を見守りたいと思います」とコメントしています。

三浦瑠麗氏の夫・三浦清志容疑者は、投資・コンサル会社「トライベイキャピタル」の代表取締役を務めており、2019年10月4日〜24日の間で3度にわたり、自身が関係する会社から合計4億2,000万円を振り込ませた疑いが持たれています。

三浦清志容疑者は逮捕後に自社のホームページで、「このたびは、刑事事件の被疑者として強制捜査を受け、お取引先様をはじめとする関係者の皆様にご迷惑をおかけしたこと、深くお詫び申し上げます」と謝罪。

続けて、「再生可能エネルギープロジェクトの開発というリスクの高い業界にあって、当初予定された利益を生み出せなかった点について、反省すべき点はございますが、私は、業務上横領にあたるような罪を犯したことは決してありません」とコメントしたあと、「私は、今後とも無罪を主張してまいります」と意思を表明しています。

三浦瑠麗氏が「ミヤネ屋」にVTR出演  「私がしゃべってはいけない」

三浦瑠麗氏は日本テレビ系「ミヤネ屋」にVTR出演し、三浦清志容疑者の逮捕についてコメントしました。そのなかで、「ホームページにコメント出したので、そちらをご覧ください」と語ったあと、「そのほかのことについては、皆さん報道陣の方もご存じの通り、私がしゃべってはいけないので、特捜部からそう指示が出ているものですよね、なので私がコメントすることはそれ以上はないです」と続けました。

さらに「夫の弁護士は連絡をいただいております」とコメントし、その後は「もう弁護士の方にお任せしているので、取材はそちらにお願いします」と述べています。

この件についてネット上では、「一言、お詫びくらいあってもいいのでは?」「関係各所に迷惑をかけるわけだし、言い方考えればいいのに」「両方の話を聞いてから判断した方がいいような気がする」など、賛否の意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 神戸須磨シーワールドグランドオープン
    2024年6月1日(土)、西日本初となるシャチのパフォーマンスを楽しめる水族館「神戸須磨シーワールド…
  2. 地球温暖化対策の新たな切り札として、高知県大月町の黒潮生物研究所が注目を集めています。2023年5月…
  3. NTTドコモは3日、無人航空機を活用した「空飛ぶ基地局(HAPS)」の商用化を2026年に目指すと発…

おすすめ記事

  1. 神戸須磨シーワールド

    2024-5-30

    シャチパフォーマンスが楽しめる「神戸須磨シーワールド」がグランドオープン前に関係者向けイベントを開催

    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…
  2. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  3. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る