米連邦通信委員会(FCC)は2日、米衛星放送企業であるディッシュネットワークに対して15万ドル(約2,250万円)の罰金を科しました。この背景には、古い人工衛星「EchoStar-7」を適切に軌道から離脱させなかったことが挙げられます。宇宙ごみに関する罰金が科されるのは、今回が初めてのケースとなります。

ディッシュネットワークは2012年に、人工衛星を運用高度よりも300キロ高い軌道で引退させるという合意をしていました。しかし、実際には運用高度から120キロ高い軌道で引退させていた事実が判明。この件について、FCCのLoyaan Egal執行局長は「衛星の運用が普及し、宇宙での経済活動が増す中、事業者が約束を順守していることを確認する必要がある」と立場を明らかにしました。

一方、ディッシュネットワーク側は「EchoStar-7が軌道上で危険をもたらすリスクについてFCCは具体的に明示していない」と反論しています。さらに、該当衛星はFCCが求める最低軌道のルールからは除外されているという旨も主張しています。

欧州宇宙機関(ESA)における2022年の報告書によれば、地球の周回軌道上には宇宙ごみが3万個以上存在しているとのことです。2022年1月には中国の人工衛星とのトラブルがあり、加えて2021年には国際宇宙ステーションのロボットアームと衝突し、直径5ミリの損傷を受ける事件も発生しています。

宇宙ごみ(スペースデブリ)除去に取り組むアストロスケール

宇宙ごみ(スペースデブリ)の除去に取り組むアストロスケールホールディングスの子会社であるアストロスケールが、2023年度中に打ち上げを予定している「ADRAS-J」ミッションに関する詳細を公開しました。

アストロスケールは宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「商業デブリ除去実証(CRD2)」フェーズⅠの契約相手方として契約を受け、「ADRAS-J」を開発しています。打ち上げにはRocket Lab社のロケット「Electron」を利用する予定で、軌道投入後に日本のロケット「H2A」の上段にランデブ・近傍運用を実証し、長期放置されたデブリの運動や損傷状況の撮影を行う予定です。

このミッションは、大型デブリの安全な接近と状況の調査を行うという、世界で初めての試みとなります。打ち上げはニュージーランドのマヒア半島から11月に行われる予定でしたが、Rocket Lab社の9月19日の打ち上げ失敗により、打ち上げ時期が不透明となりました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 医学の可能性を切り開くために命を賭けた勇気ある女性、リサ・ピサーノ氏が7日に亡くなりました。リサ・ピ…
  2. 13日、ドナルド・トランプ前大統領が選挙集会の演説中に銃撃され、右耳に怪我を負いました。連邦捜査局(…
  3. 欧州宇宙機関(ESA)が、待望の新大型ロケット「アリアン6」の初打ち上げに成功しました。フランス領ギ…

おすすめ記事

  1. 一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏vs暇空茜

    2024-7-18

    一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃vs暇空茜 裁判は判決へ(2024年7月18日)

    2024年7月18日14時30分から、原告である一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏と、被告の暇…
  2. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_結果発表

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

インタビュー

  1. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  2. 過去に海外で行われたヨガ
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
ページ上部へ戻る