音楽家の坂本龍一氏が死去 YMOの細野晴臣氏が追悼 「言葉にはできません」

世界的に有名な音楽家の坂本龍一氏(享年71)が亡くなったことを受け、芸能界にいま衝撃が走っています。テクノバンド「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」の盟友・細野晴臣氏は、1月に同僚の高橋幸宏氏(享年70)を亡くしており、相次ぐ仲間の訃報でコメントを控えていました。

しかし3日、細野晴臣氏は自身のインスタグラムで追悼しています。高橋幸宏氏が死去したときと同様に、灰色の画像を投稿したのです。

また、坂本龍一氏と親交が深かった女優の吉永小百合氏は、「今は言葉が見つからない」と悲しみを述べました。

歌手・作詞家である加藤登紀子氏は、自身のTwitterで坂本龍一氏とのツーショットとともに、「本当に素晴らしい音楽家であり、思想家であり、行動者だった坂本龍一さん。彼の亡き後も、彼の思いを受け継ぎ、音楽家として思考し、行動するひとりでありたいと願っています。」とコメント。続けて「心から哀悼を捧げ、共に生み出した音楽を大切に歌っていきます。」と、自身の気持ちを明らかにしました。

さらに、音楽プロデューサーのつんく♂はブログにて、「一緒に曲を制作出来た経験は僕の誇りです」と感謝の言葉を添えています。そのほか、RADWIMPSの野田洋次郎氏やサカナクションの山口一郎も自身のSNSで、今回の件について反応しました。

海外のファンたちも、「坂本龍一は本当に偉大な才能の持ち主だった」「訃報を知って今朝からずっと落ち込んでいる」「涙が止まらない。坂本龍一はまさに偉人の一人」などの反応を示しています。

坂本龍一氏の経歴・受賞歴

マネジメント会社の発表によれば、坂本龍一氏は3月28日に息を引き取ったとのことです。2021年には、直腸がんの手術を受けていたことを発表。その後、肝臓などへも転移していたと明かしています。

坂本龍一氏は1952年に生まれ、1978年にテクノバンド「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」を結成しました。映画『戦場のメリークリスマス』では出演と音楽を担当し、見事英国アカデミー賞を受賞。

映画『ラストエンペラー』にも出演し、ゴールデン・グローブ賞やグラミー賞、さらには日本人初のアカデミー賞オリジナル作曲賞を受賞するなど、坂本龍一氏は世界中から称賛されています。

がんの闘病中も音楽への情熱を忘れず、「この形式での演奏を見ていただくのは、これが最後になるかもしれない」と語り、2022年12月11日に坂本龍一氏のピアノ・ソロ・コンサート『Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 2022』を、世界約30ヶ国と地域へ向けて配信しました。世界中の人たちが坂本龍一氏にエールを贈りました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 改正プロバイダー責任制限法が5月10日の参院本会議で可決され、成立しました。この改正法により、SNS…
  2. 広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  3. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…

おすすめ記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  3. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る