ファミマがプラ製フォークの提供を原則廃止|10月4日から全国の約16,600店舗でスタート

ファミマがプラ製フォークの提供を原則廃止|10月4日から全国の約16,600店舗でスタート

9月21日、大手コンビニエンスストアのファミリーマートは、プラスチック使用量の削減を目的に、プラスチック製フォークの提供を10月4日からやめることを発表しました。この取り組みは、全国のファミリーマート約16,600店で実施されます。

フォークを希望する顧客に対しては、代わりに竹箸を提供するとのことです。スプーンに関してはこれまで通り、希望する顧客に軽量化スプーンを提供。なお、箸に不慣れな海外の顧客やフォークを希望する障がい者、子ども等についてはこれまでと同様、無料でフォークが提供されます。

今回の取り組みにより、顧客のマイカトラリーの利用が促進されれば、プラスチックの使用量は年間で約250トン削減される見込みです。

この取り組みに合わせて、10月4日から東京都と神奈川県の30店舗に限り、ファミリーマートオリジナルのマイカトラリーセットが先行販売されます。「組み立て式タイプ」と「組立不要タイプ」の全2種類が発売予定です。

2022年4月1日から施行された「プラスチック資源循環促進法」

プラスチックにおける資源循環の促進などに関する法律が、2022年4月1日からスタートしました。この制度は簡単に言えば、プラスチックに関わりのあるすべての事業者、自治体、消費者が協力し、プラスチックの自主回収や再資源化、排出の抑制などを図るというものです。

この制度が施行されたことにより、セブンイレブンやローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ等の各社コンビニが、脱プラスチック促進に向けて取り組みを実施しています。「特定プラスチック使用製品の使用の合理化」に応じて、提供事業者であるコンビニは、以下4つの製品が制度の対象となりました。

  • フォーク
  • スプーン
  • マドラー
  • 飲食用ストロー

各社コンビニによって取組内容がそれぞれ異なります。具体的な取組内容は下記の通りです。

コンビニ名内容
セブンイレブン・バイオマス30%配合のスプーンとフォークを導入
・木製マドラーを一部店舗で導入
ローソン軽量化したスプーンとフォークを導入(通常スプーンに関しては木製に一部変更)
ファミリーマート・生分解性プラスチック製、軽量化したスプーンとフォークをそれぞれ導入
・生分解性プラスチック製ストローと、バイオマス5%配合したストローをそれぞれ導入
・木製マドラーを導入、外装の袋を紙製に変更
ミニストップ・バイオマスプラスチック配合のスプーンとフォークを導入
・紙製のストローを導入
デイリーヤマザキ・薄肉軽量化したスプーンとフォークを導入
・軽量化、木製のストローとマドラーを導入

各社コンビニが脱プラスチックに向けて対応を進めています。今後、コンビニを利用する際には、ぜひ上記の取組内容に注目してみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…
  2. 5月6日、東京ドームにて井上尚弥選手(31歳、大橋ジム)がルイス・ネリ選手(29歳、メキシコ)を迎え…
  3. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…

おすすめ記事

  1. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  2. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…
  3. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る