胃がんの発症リスクが最大で22.45倍に 遺伝子とピロリ菌感染の研究結果

理化学研究所や愛知県がんセンターなどはピロリ菌と胃がんのリスクについて研究し、その内容を30日に論文で発表しました。その論文によると、ピロリ菌の感染によって起こる胃がんのリスクは、病気に関わる特定の遺伝子タイプを生まれつき持つ人では、大幅に高まるとのことです。

ピロリ菌感染があっても、特定の遺伝子タイプを生まれ持っているかどうかが、胃がんの発症リスクを左右する可能性があるとされます。

そもそも人間はピロリ菌に感染していると、胃がんの発症確率が高まります。その一方で、一人ひとりが生まれつき有している遺伝子の違いのうち、「病的バリアント」が存在すると胃がんのリスクが高くなると研究でわかりました。

研究チームは、胃がんとピロリ菌、病的バリアントの関係性を分析するため、世界的に最大規模の研究を行いました。これまでに国内で蓄積されている胃がん患者1万2,000人、胃がんではない約4万4,000人のDNAを解析。

また、このうち約7,000人のデータをもとに、ピロリ菌への感染と病的バリアントの存在が組み合わさったとき、胃がんにかかるリスクなどを分析しました。

分析の結果、最大で胃がんのリスクが22.45倍に上昇する

結果、胃がんのリスクに関する9つの遺伝子が判明。そして遺伝性乳がんや卵巣がんのリスクとなるBRCA1、BRCA2遺伝子が含まれており、胃がん患者全体の約2.7%がいずれかの遺伝子に病的バリアントがありました。

さらに9つの遺伝子のうち、4つの遺伝子のいずれかに病的バリアントがある人では、そこにピロリ菌が加わることで、どの遺伝子にも病的バリアントがなくピロリ菌感染もない人と比較した場合、胃がんの発症リスクが22.45倍になることが明らかとなりました。

病的バリアントピロリ菌感染胃がんリスク
ありあり22.45倍
ありなし1.68倍
なしあり5.76倍

また、この4つの遺伝子はDNAにできた傷を修復する働きに関わっているとのことで、さらに病的バリアントがある場合、ピロリ菌によるDNAへの傷害がより大きくなるとされ、胃がんへのリスクが懸念されています。

この件について、ネット上では「胃がんの解明が進んでいて良いと思う」「早くピロリ菌検査を無料にしてほしい」「ピロリ菌はやはり胃がんの主要原因なのか」などの意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…
  2. 「初期臨床研修医は平均年収435万円 研修医の平均年収と医師の働き方改革2024 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師の世界も2024年4月から厚生労働省による「働き方改革」が施行されました。医師の「働き方改革」と…
  3. 19日にイランでヘリコプターが墜落し、ライシ大統領やアブドラヒアン外相ら搭乗者全員が死亡しました。こ…

おすすめ記事

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  3. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る