即効性のある男性用避妊薬が開発中 マウス実験では投与から2時間は100%の避妊効果

即効性のある男性用避妊薬が開発されています。避妊法と聞くと、多くの人が経口避妊薬(ピル)や子宮内避妊具(IUD)、緊急避妊ピル(アフターピル)など、女性用の方法をイメージするかと思います。

男性向けの避妊法としては、現時点では実質コンドームしか選択肢がありません。しかし、近年では男性用避妊薬の開発が進められており、科学誌の「ネイチャーコミュニケーションズ」に掲載された論文によると、「飲むと一時的に精子が動かなくなる男性用避妊薬」の効果がマウスの実験で確認されたとのことです。

男性用の避妊法はコンドーム以外にも、精管を切断するパイプカットという方法もありますが、一度手術すると精管を元通りにするのは困難であるため、あまり現実的な避妊法とは言えません。一般的な避妊法として女性側が負担となるケースが多かったことから、世界中で問題視されてきました。

そこで、米ワイルコーネル医科大学の研究チームは、新たな男性用避妊薬の開発を進めています。この男性用避妊薬は、「Soluble adenylyl cyclase(可溶性アデニル酸シクラーゼ)」という酵素を標的としています。

精子の運動性において重要な役割を果たす酵素であり、精子の「オンスイッチ」として機能するため、阻害することで精子が動かなくなるとのことです。

マウス実験では投与から2時間までは100%の避妊効果

可溶性アデニル酸シクラーゼを阻害する化合物をマウスに投与したところ、30分〜1時間ほどでマウスの精子が動かなくなりました。また投与から2時間までは100%の避妊効果があり、3時間後には91%まで低下しています。24時間後には、生殖能力が正常に戻ったとされています。

可溶性アデニル酸シクラーゼが慢性的に阻害されている不妊症の男性では、腎臓結石のリスクが高くなると報告されていますが、急性作用型ならその副作用が生じる可能性は低いとのことです。

論文の共著者である米ワイルコーネル医科大学のヨッヘン・バック氏によると、単回投与で1時間以内に作用し、6〜12時間効果が持続する非ホルモン性ピルの開発を、研究チームは目指しているとされます。また、製品化までは最長で8年後になる見通しだと示しました。

イギリスの大学で避妊について研究を進めるスーザン・ウォーカー氏は、今回開発された男性用避妊薬について、実際に市場に出回るかどうかは不透明であると指摘し、その上で、実用化されれば「パートナーが避妊薬を飲むところを確認できるようになる」と評価しました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「子どもの隠れた才能「非認知能力」 「GRIT」(やり抜く力)について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    学校で学ぶ知識や論理的思考などの「認知能力」は子どもの能力の一端にすぎません。最近は、性格や態度、行…
  2. 日本の宇宙開発を担う宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月1日、国産の新型主力ロケット「H3」3号機…
  3. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…

おすすめ記事

  1. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  2. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  3. 2024-5-18

    広島・安芸高田市の石丸伸二市長が東京都知事選挙に立候補 東京一極集中の是正を目指す

    広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_結果発表

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

インタビュー

  1. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  2. 過去に海外で行われたヨガ
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
ページ上部へ戻る