インドの無人月探査機が月に到着してから1週間経過 太陽観測衛星の打ち上げに成功

インドが開発した無人月探査機「チャンドラヤーン3号」が、月の南極地域に史上初となる降下を遂げてから1週間が経過しました。その1週間の間に、地表において硫黄、アルミニウム、カルシウム、酸素など、多数の元素の存在が確認されました。

調査は順調に進んでいるようで、ミッションを担うインド宇宙研究機関(ISRO)は29日、探査車に搭載したレーザー機器を使って分析した地表の化学組成データをX(旧Twitter)に投稿しています。

地表の温度に関する観測結果も公表され、地表から2センチメートル上の部分では約60度を示していました。しかし、8センチメートルの深さに掘り下げると、温度は約マイナス10度になっています。

この観測結果について、ISRO職員のBH・ダルケシャ氏は「われわれ全員が地表面は20~30度くらいだろうと考えていたが、驚くほど高い」とのコメントを地元メディアに対して述べました。

調査は約2週間を予定しており、存在が予想されている氷の状態の水の確認も行われる見込みです。この水が確認できれば、将来的に飲料水や宇宙船の燃料としての利用が期待されます。シン科学技術担当閣外相も「月の地表付近の環境を根本的に理解し、将来の探査に向けた月面居住地の開発に不可欠だ」と強調しました。

ネット上では、「NASAが隠し通してた事実が遂に明るみに出る時が来たか」「氷を発見できれば快挙ですね」「日本より先に進んでいる」などの意見が寄せられています。

ISROは太陽観測衛星「アディティヤL1」の打ち上げに成功

ISROは2日、インド初となる太陽観測衛星「アディティヤL1」の打ち上げに成功しました。この衛星は、約4ヶ月かけて地球から約150万キロ離れた太陽周回軌道に達する予定です。

その目的は、地球上でオーロラを引き起こす「太陽風」の調査で、特定の「ラグランジュ点」に位置することで燃料消費を軽減させます。先月インドは、月の南極付近に「チャンドラヤーン3号」を着陸させました。モディ首相はインドの宇宙計画の存在感を強化したいとの意向を示しており、シャー内相は今回の打ち上げはモディ氏のビジョンに向けた「大きな一歩」になったと評価しました。

さらに、今回の打ち上げが化学分野での「ビッグバン」の可能性があると、ソマク・レイチャウドフリ氏は称賛しています。高エネルギー粒子の影響を受ける通信衛星へのリスクを指摘し、「アディティヤL1」の調査は非常に重要性があると強調しました。今後の「アディティヤL1」の動向に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 東京都の合計特殊出生率が0.99となり、全国で唯一1を下回る結果となりました。厚生労働省が5日に発表…
  2. 神戸須磨シーワールドグランドオープン
    2024年6月1日(土)、西日本初となるシャチのパフォーマンスを楽しめる水族館「神戸須磨シーワールド…
  3. 大阪大発のスタートアップ企業であるクオリプス社は、世界に先駆けてiPS細胞から作成した心筋シートの製…

おすすめ記事

  1. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…
  2. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る