宇宙ベンチャーispaceの月着陸は失敗 成功すれば民間・日本初の試み

宇宙開発を手掛けるベンチャー企業のispace(アイスペース)は26日、自社開発した着陸船が、月着陸に失敗したと発表しました。着陸直前には通信が途絶えており、失敗の理由を「途中で燃料が尽きて月面に衝突した可能性が高い」と説明しています。

月着陸に成功すれば、民間として世界初の試みとなったほか、日本としても初となり、旧ソ連、米国、中国に次いで4カ国目になるはずでした。同社の袴田武史代表は「月面に着陸するところまでの通信が確立していて、データを獲得できていることは非常に大きな達成。次に向けた大きな大きな一歩だと考えている」と、記者会見で自身の考えを述べました。

同社によれば、月を周回する軌道から減速して降りていくまでに異常はなかったとされますが、最終段階になって着陸船の燃料がなくなったことで、降下速度が急速に上昇し、月面に衝突した可能性が高いとのことです。

着陸船の詳細とispaceの今後

着陸船は2022年12月に米国で打ち上げられ、燃料をなるべく節約する軌道を取り、地球から最大約140万キロまで遠ざかり約5ヶ月かけて月に到着しました。人類が初めて月に降り立った米アポロ計画では約4日で月に到着していることから、両計画には任務日数にかなりの差があることがわかります。

無人着陸船は幅約2.6mで、質量は燃料非搭載時で約340kg。政府系宇宙機関がこれまでに開発してきたものと比較すると、大幅に小型軽量であるとのことです。

ispaceは米Googleが出資する民間初の月面探査国際コンテストに参加し、大きな注目を集めました。このコンテストではすべての参加チームが未達となりましたが、ispaceはその後も自社で開発を続けました。

ispaceは2025年までに今回を含めて3回の月着陸を計画しており、2回目には月面着陸と搭載したローバーでの月面探査を目指します。3回目は米航空宇宙局(NASA)と契約を結び、月まで荷物を運ぶ予定です。

3回目以降の目的は、「水資源探査を中心とした、月の情報と地球-月輸送サービスプラットフォームの構築」です。

今回の1件を受け、ネット上では「月着陸は大きな挑戦であると痛感した」「今回得られたデータをもとに、次回は必ず成功させてほしい」「かなりの部分は成功しているんだから、もっと褒めた内容でも良い」などの意見が寄せられています。今後のispaceの活動にも注目したいところです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. LINEヤフーとLINE Payは、日本国内における「LINE Pay」のサービスを2025年4月3…
  2. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. 東京都の合計特殊出生率が0.99となり、全国で唯一1を下回る結果となりました。厚生労働省が5日に発表…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. 神戸須磨シーワールド

    2024-5-30

    シャチパフォーマンスが楽しめる「神戸須磨シーワールド」がグランドオープン前に関係者向けイベントを開催

    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る