カナダ政府がたばこの新規制を発表 たばこ1本ずつに警告文を印字

カナダ政府は31日、たばこ1本ずつに健康被害リスクの警告文表示を義務付ける措置を、世界で初めて導入すると発表しました。カナダでは、これまでも商品パッケージにイラスト付きで警告表示をしてきましたが、5月31日の「世界禁煙デー」に因んで、国民の禁煙を加速させるために規制を強化する見通しです。

「世界禁煙デー」は、たばこを吸わないことが一般的な社会習慣となるよう、さまざまな取組を講ずるべきであるという世界保健機構(WHO)の決議によって設けられたものです。また、厚生労働省は1992年から、毎年5月31日から6月6日までを「禁煙週間」と定めています。

8月1日施行の新規制では、たばこ本体に「一服ごとに毒」や「たばこはがんを引き起こす」などの警告文が印字されます。レギュラーサイズのたばこに関する小売店は、準備期間を経て2025年4月末までに、警告文付きのたばこに切り替える必要があるとのことです。

ネット上では、「たばこ一本一本に書く意味が良くわからない」「ここまでするなら禁止にすれば良いのに」「なんだかなあ、偏執的に思える」など、否定的な意見が多くあがっています。

日本の禁煙事情とたばこによるリスク

日本でも禁煙に対して賛成する声が多数あがっており、喫煙所の撤去や喫煙を禁止にする飲食店が増加傾向にあります。また、たばこは年々値上げされており、2024年以降も段階的にたばこ税が増額される見通しです。

ここまで禁煙が後押しされているのは、やはりたばこによるがんリスク向上問題です。たばこの煙のなかには、たばこに含まれる物質と、その物質が不完全燃焼することで生じる化合物、合わせておよそ5,300種類の化学物質が含まれています。

このなかには、約70種類の発がん性物質が含まれているとのことで、有害な物質はたばこを吸うと肺に入り、血液を通じて全身に運ばれるため、DNAを傷つけるなどでがんの原因になるとされています。

がん情報サービスの「がんの発生や治療へのたばこの影響」によると、日本の研究ではがんになった人のうち、男性でおよそ24%、女性でおよそ4%はたばこが原因だと考えられているとのことです。また、がんで死亡した人のうち、男性で約30%、女性で約5%はたばこが原因だと考えられています。

この事実は世界的に知られているため、禁煙を促す国や地域が増加傾向にあります。今回カナダで新規制が発表されたのも、たばこによる健康被害リスクがあってのことです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. IT大手の米Appleが時価総額で再び世界トップに返り咲きました。13日の取引でApple株価は0.…
  2. LINEヤフーとLINE Payは、日本国内における「LINE Pay」のサービスを2025年4月3…
  3. DMMグループのDMM Bitcoin社から、約482億円相当のビットコインが流出したことが明らかに…

おすすめ記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る