厚生労働省がマスク着用の基準をTwitterで言及 内容に納得できずユーザーは批判的か

厚生労働省は7日、Twitterの公式アカウントでマスク着用の基準について言及しました。ツイートでは、シチュエーションごとのマスク着用の有無が呼びかけられており、これを見たユーザーはさまざまな意見を述べています。

ツイート内容としては、「マスクについては、屋外では原則不要です。人と近距離で会話をする場合は着用が推奨されます」といったものです。続けて、「屋内では人との距離が確保でき、会話をほとんどしない場合は、着用不要です」と言及し、そして「基本的な感染対策はメリハリをつけて、マスクは場面に応じた適切な着脱に努めていただくようお願いします」と、シチュエーションに応じて判断していくことの重要性を呼びかけました。

しかし、このツイートを見たTwitterのユーザーは、以下のような批判的意見を残しています。

  • そう言われても、お店ではマスクを強要されます
  • 何を持ってメリハリなのかがわからない
  • 屋外では原則不要という表現は乱暴ではないでしょうか
  • 今更言っても何の効果もないでしょ
  • あんたたち国がもうちょっと早く啓発をしないからこんなことになってんでしょうが

すべてが批判的なコメントではありませんが、上記のような意見が目立っています。いずれにしても、厚生労働省がマスク着用に関するツイートをしたことで、物議を醸しているのは事実です。

また、厚生労働省は8日に「本日から三連休に入る方もいると思いますが、連休中も大人数や長時間におよぶ飲食を避け、会話のときにはマスクを着用し、換気をするなど、一人ひとりが感染しない、感染させない方法を心がけながら過ごしましょう」と、ツイートしています。

厚生労働省の公式ホームページ「マスクの着用について」

厚生労働省の公式ホームページでは、屋外・屋内でのマスク着用について「マスク着用は従来同様、基本的な感染防止対策として重要です」と記載されています。それに加え、サイトでは以下のように言及されています。

【屋外】

距離を確保できる状況での会話:マスク必要なし
距離を確保できない状況での会話:マスク着用推奨
距離を確保できる状況での運動など:マスク必要なし
距離を確保できない状況での運動など:マスク必要なし

【屋内】

距離を確保できる状況での会話:マスク着用推奨
距離を確保できない状況での会話:マスク着用推奨
距離を確保できる状況での作業など:マスク必要なし
距離を確保できない状況での作業など:マスク着用推奨

通勤ラッシュ時や人混みの中では、これまで通りマスクの着用が推奨されています。いずれにしても、屋内にいるときはほとんどのシーンでマスクの着用が促されています。

今回、厚生労働省が公式ホームページ含めてマスク着用の基準を呼びかけたとしても、すぐに現在の状況が変わるとは思えません。これまで通り、屋外でもマスク着用が当たり前になることが予想されます。今後の厚生労働省の動きに注目したいところです。

(出典)厚生労働省 マスクの着用について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kansentaisaku_00001.html

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. DMMグループのDMM Bitcoin社から、約482億円相当のビットコインが流出したことが明らかに…
  2. 神戸須磨シーワールド 公式テーマソングLIVE
    2024年5月30日(木)に、神戸須磨シーワールドの関係者およびメディア向けに、シンガーソングライタ…
  3. LINEヤフーとLINE Payは、日本国内における「LINE Pay」のサービスを2025年4月3…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. 2024-5-18

    広島・安芸高田市の石丸伸二市長が東京都知事選挙に立候補 東京一極集中の是正を目指す

    広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  3. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る