ウマ娘訴訟問題、コナミの主張が判明 ゲームシステムの一部が特許侵害に該当

サイバーエージェントの傘下であるサイゲームスは、人気スマホゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』に関して、コナミデジタルエンタテインメントから特許権侵害で訴えられたことを発表しました。このゲームは2021年2月にサービスが開始され、年間売上高が1,000億円を超える大ヒットを記録しています。

本ゲームは実在する競走馬の名前や特徴を基に擬人化されたキャラクターを育成し、レースで競争させるというゲーム性を採用しており、それがコナミから訴訟を受ける一因となっています。

コナミは40億円規模の損害賠償を求めるとともに、『ウマ娘 プリティーダービー』の配信停止を求めました。その背景には、コナミが1990年代から提供している『実況パワフルプロ野球』シリーズなどのゲームシステムやプログラムについて、多数の特許権を保有していることが関係しています。

これらと『ウマ娘 プリティーダービー』のシステムとの間に権利侵害があると、コナミは主張しています。特許侵害の訴状には詳細な比較が含まれており、特に『ウマ娘 プリティーダービー』のキャラクター育成システムが争点となっています。

ウマ娘訴訟問題|ゲーム業界全体に影響を与える可能性

ゲーム業界に衝撃を与えている「ウマ娘訴訟」の核心は、特許権侵害に関する主張にあります。問題となっているのは、『ウマ娘 プリティーダービー』のシナリオに基づくキャラクターのトレーニングと育成、そして育成が完了したキャラクターの利用方法です。これらの要素が、コナミから特許権侵害と指摘されています。

また、同ゲームに存在する「サポート効果」という仕組みも焦点となっており、特定の条件を満たすキャラクター同士を一緒に練習させることでパラメータが向上するこのシステムも、特許侵害の対象とされています。

コナミは権利の一部を行使したに過ぎず、「追って請求の拡張を予定している」と声明を発表しました。その一方で、『ウマ娘 プリティーダービー』の開発元であるサイゲームスは、「特許権を侵害している事実はない」との立場を表明した上で、サービスを引き続き提供していく方針を示しています。

この訴訟における業績への影響は、サイバーエージェントの財務にとっても大きな課題です。2023年3月末時点で1,800億円以上の現預金を保有していますが、本ゲームは同社の主要収益源であり、その運営から撤退することは業績悪化に直結します。

「ウマ娘訴訟」は、業界全体に対する訴訟リスクの再認識を促しており、訴訟の結果次第では、ゲーム開発の自由度に影響を及ぼす可能性があります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 20日深夜、伊豆諸島の鳥島東方海域で、海上自衛隊のSH60K哨戒ヘリコプター2機が墜落しました。2機…
  2. スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…
  3. 米Microsoftが、日本のデータセンターにAI向け半導体などを導入する計画を発表しました。2年間…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る