山梨県が富士山の登山規制を発表 1日の登山者4,000人以上が規制の目安

富士山における登山者の増加による事故が懸念されています。山梨県は、山頂付近が混雑した場合の登山者規制の方針を明らかにしました。今年、吉田口登山道の6合目を通過した人数は7月30日時点で6万3,000人超で、2019年より約9,300人、およそ17%の増加が確認されています。

長崎幸太郎知事により、登山者の安全確保のため山頂付近での規制を行う方針が発表されました。会見では、「最も多くの登山者が訪れるお盆の時期までには、規制に必要な体制整備を完了したい。世界文化遺産の登録から10年となる富士山に国内外から来る登山者の安全をしっかりと確保していきたい」と方針を述べています。

お盆の時期など、1日の登山者が4,000人以上になることが規制判断の1つの目安となります。また、深夜に山頂への登山道が過密となり危険と判断された場合、県と県警が連携して規制を実施するとのことです。

規制は混雑解消時に解除される予定で、今後お盆に向けての調整が進められる予定です。山梨県の取り組みにより、登山者の安全が一層強化されることが期待されます。

富士登山公式サイトで登山規制について公表

8月9日、富士登山オフィシャルサイトで「富士山吉田ルートの登山規制について(富士山吉田ルート登山情報)」として、登山規制についての内容が公表されました。「山梨県の吉田ルートでは、9月10日(閉山日)までの間、登山道が過度に混雑し、転倒や落石など、登山者の生命の危険が判断される場合には、登山道の混雑緩和のため、必要な箇所において県職員や警察官による一時的な登山の進行の誘導を行う場合があります」とのことで、規制時には県職員や警察官の指示に従うよう記載されています。

また、「規制すると登山できませんか? 山小屋も予約済です」という質問に対しては、「登山道が過度に混雑し、転倒や落石など、登山者の生命の危険が判断される場合に限り、一時的な規制(登山の進行を一時的に止めて頂く等)を行うものです。混雑が緩和次第、規制は解除いたしますので、この規制により、登山自体が出来なくなることはありません」と回答しています。

この回答から分かる通り、登山規制はあくまで一時的なものであり、混雑が収まり次第、規制は解除されて通常通りの登山を楽しめるようになります。なお、今回行われた入山者の混雑緩和のための登山道規制は、全国的に見ても珍しいものだとされています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「「過保護」と「過干渉」子どもに及ぼす悪影響とその対処法」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育て中のみなさんは「過保護」や「過干渉」になっていませんか?子どものためと思ってやっていることが「…
  2. 一関市の会社員・大滝洸氏(27)は手術を受けることなく、女性から男性への戸籍上の性別変更が認められま…
  3. 神戸須磨シーワールド 公式テーマソングLIVE
    2024年5月30日(木)に、神戸須磨シーワールドの関係者およびメディア向けに、シンガーソングライタ…

おすすめ記事

  1. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  2. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る