ガソリンの全国平均価格が181.9円に 高騰が止まらない理由と節約術

レギュラーガソリンの全国平均価格が前週より1.6円高い181.9円となったことが、資源エネルギー庁の「石油製品価格調査」から明らかになりました。原油価格の上昇や円安の影響を受け、2008年8月以来15年ぶりの高値水準となりました。

レギュラーガソリンの値上がりは13週連続です。特に長野県では190.4円と最も高価格であり、岩手県が最安の176.8円となっています。

政府は石油元売り会社への補助金支給を続けており、14日時点での平均価格は195.5円と予測されていましたが、補助金の影響により13.6円抑えられました。来週21日時点の平均価格は、補助金がない状態で195.7円と予測されています。

補助金の存在により、ガソリン価格の上昇はいくらか緩和されていますが、政府は6月から少しずつ補助率を引き下げており、10月1日には0%になる見込みです。その一方で、サウジアラビアは追加減産を継続しているため、原油価格の上昇傾向は続いています。

与党などからは補助金の延長要望も出ています。「ガソリン税」に加えて、消費税が課せられている「二重課税」に対して、現状では批判の声が多く寄せられています。

資源エネルギー庁の「自動車における省エネ節約術」

資源エネルギー庁は「無理のない省エネ節約​」として、自動車における節約術を紹介しています。その運転方法を採用することで、年間「1万5,201円」「5,328円」「3,291円」「3,152円」の節約が可能だとされています。

1世帯当たりのガソリン消費額は全国平均で、年間約7万5,000円とされているため、この節約術は大きな効果になると言えます。具体的な節約方法は以下の4つです。

節約方法年間ガソリン省エネ量節約できる金額
ふんわりアクセル「eスタート」83.57L1万5,201円
加減速の少ない運転29.29L5,328円
早めのアクセルオフ18.09L3,291円
アイドリングストップ17.33L3,152円
参考:無理のない省エネ節約|資源エネルギー庁

特に効果が高いとされる「ふんわりアクセル『eスタート』」では、穏やかな発進が年間83リットルの省エネをもたらし、大きな節約効果が見込めます。発進時の目安として、初めの5秒で時速20キロ程度とされています。

ただし、これら4つの方法を全て取り入れたからといって、単純にその総額が節約できるわけではありません。資源エネルギー庁は、これらの運転方法が排気ガスの削減にもつながり、環境の保全に寄与すると強調しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…
  2. 俳優の中尾彬氏(81)が心不全のため、5月16日に亡くなりました。妻である池波志乃氏が、所属事務所の…
  3. 米テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は23日、投資家向けの電話会議で開発中のヒ…

おすすめ記事

  1. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  2. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  3. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る