子どもは静かに溺れます。子どもから目を離さないで!

「子どもは静かに溺れます。子どもから目を離さないで!」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

夏になると川や海で起きる「水の事故」の報道を見聞きする機会があるでしょう。
何で事故が起こらないように注意しなかったのか?
溺れたときにすぐに助けられなかったのか?
みなさん、当然そう思うでしょう。

「子どもが溺れた」と聞いた時、皆さんはどのような状況を想像するでしょうか?
多くの人が川や海などで「助けてー!」ともがきながら溺れている子どもを想像するのではないでしょうか。
しかし、子どもは静かに溺れるのです。
実は多くの溺水は家庭内で、しかも近くにいる親が気づかないうちに起きています。

今回は子どもの溺水の現状について解説し、子どもの溺水を防ぐためにはどうすればいいかについて解説していきます。

溺水の現状

厚生労働省が行なっている人口動態調査から溺水の現状を見てみましょう。
2016年から2020年の5年間で、溺水による死亡事故は278件発生しています。
このうち最も多いのは、浴槽での溺水で131件です。
その次は、海や川などでの自然水域での事故です。
つまり、川などに出かけて溺れるよりも、自宅の浴槽で溺れる方が多いのです。

年齢別に見てみると、0−1歳では浴槽での溺水が多く、活動的になってくる5歳以上では、自然水域での溺水が多くなる傾向があります。
しかし、10歳-14歳の子どもであっても、浴槽での死亡事故が43件起きています。
溺水は統計上、不慮の事故に分類されます。

これを以下にまとめました。

<0歳>
1位 窒息(ベッド内) 34%
2位 窒息(胃内容物の誤嚥) 22%
3位 窒息(詳細不明) 7%
4位 交通事故 7%
5位 溺水(浴槽) 7%
6位 窒息(その他の物体の誤嚥) 7%

<1歳>
1位 交通事故 22%
2位 溺水(浴槽) 20%
3位 窒息(胃内容物の誤嚥) 11%
4位 窒息(食物の誤嚥) 9%
5位 窒息(ベッド内) 7%

<2歳>
1位 交通事故 47%
2位 窒息(食物の誤嚥) 12%
3位 溺水(浴槽) 10%
4位 窒息(胃内容物の誤嚥) 9%
5位 転落(建物または建造物) 5%
6位 溺水(その他) 5%

<3歳>
1位 交通事故 38%
2位 溺水(自然水域) 10%
3位 煙・火災等 6%
4位 自然災害 6%
5位 転落(建物または建造物) 6%
6位 窒息(食物の誤嚥) 6%
7位 窒息(その他の物体の誤嚥) 6%

<4歳>
1位 交通事故 40%
2位 転落(建物または建造物) 15%
3位 窒息(食物の誤嚥) 8%
4位 溺水(その他) 6%
5位 溺水(浴槽) 6%

<5-9歳>
1位 交通事故 44%
2位 溺水(自然水域) 16%
3位 煙・火災等 6%
4位 溺水(その他) 6%
5位 溺水(浴槽) 6%

<10-14歳>
1位 交通事故 32%
2位 溺水(浴槽) 15%
3位 溺水(自然水域) 14%

4位 転落(建物または建造物) 9%

子どもが溺れていても気づかない?

5歳以下の小さい子供がお風呂に入るときに、1人で入ることは少なく、近くに親がいることが多いと考えられます。
子どもが「たすけて!」と、もがいていれば気づきそうなものなのに、どうして浴槽での死亡事故が起こるのでしょうか。

それは子どもが静かに溺れるからです。
大部分の子どもは、溺れても助けを求めることができません。
溺れるということは、口や鼻が水で塞がるということです。
その状況で十分な声を出すことは困難なのです。
声を出さずにもがいても、水がパチャパチャと音を立てるだけなので、普通にお風呂に入っていたり、遊んでいると思っていて気づかないことが多いのです。

注意喚起のため、入浴中に保護者等が目を離した52件の事故を以下の表にまとめました。

順位状況件数
1子どもを残して浴室を出る21件
2保護者の洗髪など16件
3きょうだいなど子どもだけでの入浴6件
4他の子どもの対応4件
5不明5件
総計52件
表2.入浴中に保護者が目を離した詳細な状況

短時間で死にいたる溺水の怖さとは

溺水の怖さは、静かで気づきにくいということだけではありません。
死に至るまでの時間が短いことも溺水の怖いところです。
水に溺れると、当然呼吸ができなくなります。

人の細胞は、酸素が供給されないと短時間で死んでしまいます。
特に脳の細胞は低酸素に非常に弱く、3分から5分程度で、二度と戻ることのない脳の障害を負う可能性があります。
溺れている時間が10分を超えると、90%以上の子どもが死亡、もしくは重度の神経障害を残すことになります。

不幸な溺水を防ぐために

まず、親と一緒にお風呂に入るような小さな子どもの溺水についてですが、これは「絶対に目を離さないこと」につきます。
シャンプーなどしているタイミング等、目で子どもを見ることができない時は、絶対に子どもを浴槽から出してください。
お風呂の蓋に載せていたので大丈夫だと思ったという事故もあります。
しつこいようですが、「ちょっとの間だけだから」「溺れるときは音で気づく」という考えは非常に危険なのです。

また、家の中での溺水は浴槽だけではありません。
小さな子どもであればバケツや洗濯機、台所の流し台といった水場があれば溺れる可能性があります。
小さな子どもは頭の比率が大きく、頭からこのような場所に落ちると脱出が困難になってしまうのです。
その状態で口と鼻が水で塞がれば溺水は発生します。
例え、5cmしか水の深さがなくても、身動きが取れなければ子どもは溺れて死んでしまうのです。
子どものいるご家庭では浴槽、バケツ、洗濯機や流しなどに水を溜めたままにしないようにしましょう。

また、プールや川、海などで泳ぐ際にも監視を怠らないようにする必要があります。
プールの監視員や経験を積んだライフセーバーが厳しく監視していても、子どもが溺れてしまうのは一瞬です。
例え、水泳が得意であったり、着衣水泳の基本である、体を仰向けにして浮かせることを習っていたとしても、手をあげて助けを呼べば、一瞬で人は沈みます。
危険な場所に立ち入らないように常に注意をすることが重要です。
目を離している間に溺れると発見が困難になります。

まとめ

今回は子どもの溺水について解説をしました。
溺水は子どもの「不慮の事故」による死亡の原因として、交通事故に次いで多くなっています。
そのうちの半数以上は、実は家庭内で起こっています。
つまり、日常生活の中で発生し得るのです。

水場で子どもから絶対に目を離さないことが最も重要な対策です。
短時間だから、溺れたら気づくはずだからという風に考えていると、思わぬ事故の原因となります。
大切な子どもが危険に晒されないようにしっかりと対策を行いましょう。

参考文献

1.消費者庁.⼦どもの不慮の事故の発⽣傾向

2.消費者庁. 子どもの水の事故を防ごう!

3. ウォーターセーフティ教本.日本ライフセービング協会 大修館書店

4.厚生労働省 令和3年(2021) 人口動態統計月報年計(概数)の概況

6. 事例で学ぶ学校の安全と事故防止.添田 久美子・石井 拓児 編著 ミネルヴァ書房

7. 八藤後猛,野村歡,田中賢.「乳幼児の家庭内事故における責任の所在に関する保護者の意識調査」日本建築学会計画系論文集 2003.57-62

8.日本小児科学会.「Injury Alert」

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 米テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は23日、投資家向けの電話会議で開発中のヒ…
  2. 2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  3. 俳優の中尾彬氏(81)が心不全のため、5月16日に亡くなりました。妻である池波志乃氏が、所属事務所の…

おすすめ記事

  1. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  2. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る