「ワグネル」の代表プリゴジン氏の死亡を確認 乗客乗員全員が死亡

ロシア当局によれば、民間軍事会社「ワグネル」の代表であるエフゲニー・プリゴジン氏が、23日の飛行機墜落により死亡したことが遺伝子解析で判明しました。

この解析結果により、10人の犠牲者全員の身元が明らかとなり、公表された乗客名簿と完全に一致したとのことです。この事故に関する刑事捜査は進行中であり、詳しい事情の公開が待たれます。

エフゲニー・プリゴジン氏の所有する自家用機は23日、モスクワ北西部で墜落し、乗っていた全員が亡くなりました。犠牲者の中にはワグネルの幹部が含まれており、共同創始者である司令官のドミトリー・ウトキン氏も犠牲になりました。

エフゲニー・プリゴジン氏は墜落の約2ヶ月前、ロシア軍に対して反乱を起こしています。しかし、ロシア政府との合意を受けて前進は中断されました。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ワグネルの行動は「わが国民を後ろから刺す」「裏切り」と避難していたため、「治安当局が今回の墜落に関与しているのでは?」という憶測が飛び交っていました。

しかし、ロシア大統領府はこの墜落事故への関与を否定しています。米国防総省は「プリゴジン氏はおそらく殺された」と指摘していましたが、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、こうした噂を「完全なうそだ」と否定しています。

プーチン大統領は犠牲者と遺族に哀悼の意を述べており、エフゲニー・プリゴジン氏について「有能な人物」だったと語りました。

プリゴジン氏死亡によるワグネルの今後

エフゲニー・プリゴジン氏の死亡を受けて、ワグネルは形を変えながらも存続するという見方が出ています。米国の雑誌「タイム」によると、「新たなリーダーが誰になるかはまだ見えてこないものの、引き続き、ロシアの外交政策で重要な役割を担うだろう」と指摘しています。

一方、BBCは「ワグネルは単独の人物ではなく、さまざまな部門から成り立っており、別の名前になっても存続するだろう」との見解を示しました。

受刑者を大量に雇ったワグネルの残虐な戦闘により、ロシア側は5月にウクライナ東部の要衝バフムトを陥落させました。しかし、6月に武装反乱が発生した後、ワグネルの戦闘員はベラルーシへと移動、または正規軍に吸収されています。

結論として、エフゲニー・プリゴジン氏の死亡が戦局に直接的な影響を与えることはない、という見解が示されています。ネット上では、「多少の影響は避けられないだろう」「ロシア連邦の分裂や内部崩壊が起きるかも」などの意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  2. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…
  3. 「トクホって大丈夫?6,500億円市場の特定保健用食品との付き合い方」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    特定保健用食品(トクホ)は、1991年に日本で制度がスタートし、国際的にも注目されているブランドの一…

おすすめ記事

  1. 2023-10-31

    「頂き女子りりちゃん」が3度目の逮捕 だまし取る手口をマニュアル化 被害総額は2億円以上

    「頂き女子りりちゃん」と名乗り、恋愛感情を背景に多くの男性から現金をだまし取ったとして渡辺真衣容疑者…
  2. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  3. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る