バイデン米政権が中国への投資規制を発表 半導体・AI・量子技術の3分野

バイデン米政権は9日、米国の企業や個人による中国企業への投資を規制すると発表しました。規制対象は半導体、AI、量子技術の3分野であり、安全保障上の脅威に絡む取引を禁じるほか、政府への届け出義務を課す措置を取ります。

米国が広範な対外投資規制を行うのは今回が初めてで、G7などの同盟国と連携する方針を明らかにしています。日本にも足並みをそろえるよう求める可能性があるとのことです。

軍事転用の恐れがある一部の先端技術においては中国への輸出規制を強化する反面、それ以外の分野では経済活動を続ける方針を示しています。その一方で中国政府は、半導体の材料などに使われるガリウムとゲルマニウムの関連品目について、8月1日から輸出規制を実施しました。

バイデン大統領が9日に署名した新たな規制の仕組みは、対象国・地域として中国と香港、マカオを指定しており、発効は来年になるとみられています。

さらに、軍事技術の開発につながる合併・買収、そして合弁事業なども投資規制の対象となります。5月に開催されたG7広島サミットで、対外投資に関するリスクへの対処を共同声明に盛り込んだことが「重要な一歩」になったとのことです。

バイデン米政権の取り組みに対してネット上では、「日本も見習って同様の規制を行うべき」「輸出入規制をかけるなら投資規制をかけるのは当然の流れでしょう」などの意見が寄せられています。

中国商務省の報道官が対抗措置を示す

中国商務省の報道官は10日、米国の規制に対して強い懸念を示しました。「アメリカの規制が企業の正常な経営の意思決定に影響を与え、国際的な経済貿易の秩序を破壊することに重大な懸念を示すとともに、措置をとる権利を保持している」と発言しており、対抗措置の可能性を示唆しました。

さらに報道官は、「アメリカが市場経済のルールと公平な競争の原則を尊重し、世界経済の回復と成長に障害を設けないよう望む」と指摘しています。

一方、磯崎官房副長官は記者会見で米国の新規制について言及しました。「大統領令はあくまでも新たな規制の策定を財務長官に指示するもので、具体的な措置は今後、アメリカ国内で意見を聴取をした上で検討していくと理解している。わが国としては規制の効果や影響も含めて、アメリカの今後の対応や検討状況ついて注視し、引き続き、よく意思疎通を図っていきたい」との考えを示しました。今後のバイデン米政権と中国の関係性に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 米テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は23日、投資家向けの電話会議で開発中のヒ…
  2. 2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  3. 花粉症が嫌われる理由は多くの人にとって明白ですが、意外な利点があることが最近の研究で明らかになってい…

おすすめ記事

  1. 2023-11-9

    NASAがボイジャー2号のソフトウェアを更新 探査機までの距離はおよそ193億km

    NASAは長期間にわたり宇宙の深遠へと旅しているボイジャー2号の最新の状況を公表しました。ボイジャー…
  2. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  3. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る