職業差別発言の川勝平太知事が辞意を表明 「職業差別は皆無です、ありません」

静岡県の川勝平太知事は4月2日、自身の辞意を表明しました。午後6時から始まった会見で「職業差別は皆無です、ありません。職業に貴賤はないのが基本的な考え方です」と述べ、自らの発言が問題視されている現状に驚きを表しています。

さらに川勝平太知事は、「それぞれ仕事は違いますね。どれも大切なもので、しかもそれぞれの能力に応じて一生懸命仕事をされている」など、SNSの批判に対する意見を述べました。また、「さまざまな事情でさまざまな仕事に就かれている。全部必要なものですね、そこにこちらは尊い、こちらは卑しい、それは全くないというのが私の基本的な考え方です」と強調しました。

しかし、川勝平太知事は「6月の議会をもって、この職を辞そうと思っております」と自身の進退についても触れました。これらの発言は、4月1日に新規採用職員に対して行った訓示での職業差別とも受け取れる発言に起因しています。

ネット上では、「悪びれる事なく公の場で堂々と話されたようなので本心なんでしょう」「スラスラとこのような言葉が出るのは本質的に思想に問題がありすぎ」「あれは確実に職業差別発言」などの意見が寄せられています。

川勝平太知事の約20分にわたる訓示 職業差別発言の詳細

4月1日午後1時、静岡県庁で川勝平太知事は約20分にわたる訓示を行いました。危機管理や心構えについて述べ、その中で「皆さん優秀ですから、なかなかものが分かってくれない人がいるかもしれない。そういうときにですね、情理を尽くすってことが大切です」と語りました。

さらに続けて、「理屈ではですね、分かってても、あの腹にストンと落ちない場合があります。ですから、Heart to Heartで心からこうすると本当にいいというように言って差し上げると、ストンと落ちる場合がある」と語り、情と理、両方を尽くして信念を貫く重要性を強調しました。

その後、「実は静岡県というのを県庁というのはですね、別の言葉で言うとシンクタンクです。毎日、毎日、野菜を売ったり、あるいは牛の世話をしたりとか、あるいは物を作ったりとかということと違ってですね、基本的にその皆様方は、頭脳、知性の高い方たちです」と職業差別的な発言をしています。

この発言の翌日、川勝平太知事は突如として辞意を表明しました。「励ましの言葉がこんなことになって、何か問題発言があったかの如き状況になって本当に驚いてる」と、自身の発言について振り返りました。この一連の出来事は、言葉の影響力と受け取り方に大きな差があることを示しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 東京農工大学の高田秀重教授率いる研究グループは、国内で採取された人々の血液内に、直径千分の1ミリ以下…
  2. 「なぜ大事?子どもの読書習慣」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子どもにとって読書習慣を持つことはなぜ大事なのでしょうか?「本を読むと、どんないいことがあるのか」と…
  3. 「医師の行政処分 34年間で800人は基準が甘い?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師は人々を病気の脅威から守り、人の命を助ける大切な職業の一つですが、医師の行政処分は34年間で80…

過去よく見られている記事

  1. 東京報道新聞が取材した青森刑務所でムショ飯の献立を考える管理栄養士さん

    2024-1-29

    刑務所の食事ってどんなもの?青森刑務所の管理栄養士に聞く令和の「ムショ飯」

    刑務所の中の食事というと、”臭い飯”というイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、最近では「務…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    AIで変わる未来と変わらない私達

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIで変わる未来と変わらない私達」(ライタ…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-24

    若手の化学系研究者から見た生成AI

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「若手の化学系研究者から見た生成AI」(ライ…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る