イスラエルとヒズボラが衝突 米国が紛争の拡大を懸念し空母打撃群を派遣

イスラエルとパレスチナ自治区ガザのハマスが衝突を続ける中、隣国であるレバノンのヒズボラとも国境で対立しています。ヒズボラが本格的に介入すると、イスラエルは南北二正面の戦況をもたらし、地域的な紛争に拡大する危険性があります。

11日にはイスラエル北部の軍基地がヒズボラのミサイル攻撃を受け、イスラエル軍はこれに空爆で応じました。ヒズボラとイスラエル兵士の間で死者が出ており、8日からの攻撃が続いています。

レバノン南部はイスラエルに敵対するイランの支援を受け、イスラエルへの攻撃を強化しています。ヒズボラは7日の声明で、攻撃は「イスラエルによる長年の占領への断固たる対応だ」と評価しました。

ヒズボラの判断に影響を与えているのはイランの存在であり、ハマスの攻撃への関与についても疑惑があがっています。エジプトのイスラム組織研究者であるタリク・シャビシ氏は、「ヒズボラの判断はイランの決定次第だ。ヒズボラが参戦すれば、中東全域が絡む際限のない紛争になりかねない」と指摘しています。

ヒズボラは2006年のレバノン戦争での経験を持ち、シリア内戦を通じてさらに力を付けており、イスラエルにとって「イランと並ぶ脅威」と位置付けられています。

米国がイスラエル近海に空母打撃群を派遣

紛争の拡大を懸念した米国は、イスラエル近海に原子力空母「ジェラルド・フォード」を含む空母打撃群を派遣しました。これは、イランやヒズボラに対する明確なメッセージと見られています。

ヒズボラはイスラエルによる1982年のレバノン侵攻への対抗措置として、イランの後押しで設立された武装勢力です。レバノン政治において重要な役割を担っており、米国からはテロ組織とみなされています。

ムハンマド・ビン・サルマン皇太子とイランのエブラヒム・ライシ大統領は、ガザ情勢に関する電話会談を11日に実施しました。両首脳は「パレスチナに対する戦争犯罪を阻止する必要性」について議論を重ね、イスラム圏の結束を強調しました。

皇太子は「情勢緊迫化を止めるため、可能な限りの努力をしている」とパレスチナを支える立場を表明しています。サウジアラビアは米国の仲介を経てイスラエルとの国交正常化を進めていましたが、イスラエルとハマスの軍事的衝突を受け、交渉が複雑になるという見方も出ています。

ネット上では、「武力で相手を抑えても結局は武力でやり返される可能性があるという感じがします」「いよいよ中国の台湾侵攻が近いかもしれません」などの意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 神戸須磨シーワールドグランドオープン
    2024年6月1日(土)、西日本初となるシャチのパフォーマンスを楽しめる水族館「神戸須磨シーワールド…
  2. 神戸須磨シーワールド
    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…
  3. 日本製鋼所が、防衛省から装甲車26両を受注したことがわかりました。この受注により、同社の防衛分野の売…

おすすめ記事

  1. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る