日産やホンダに続き、トヨタが米テスラのNACS採用を発表 テスラ規格が米国で拡大中

トヨタ自動車は19日、北米での電気自動車(EV)の急速充電規格に関して、米テスラの「NACS」方式を2025年から導入すると発表しました。これにより、トヨタは日産自動車やホンダと並ぶ、テスラ規格を採用する日本の自動車メーカーとなります。

北米の充電網ではテスラの充電規格が主流になりつつあり、トヨタも本格的に自社EVの利便性向上を目指します。このNACS採用については19日に合意に至りました。この合意の結果、2025年に市場に投入される予定のトヨタおよびレクサスブランドの一部EVモデルは、テスラの急速充電規格を採用します。

米ゼネラル・モーターズ(GM)をはじめとする米欧の自動車メーカーもテスラ規格の採用を進めており、トヨタのこの決定は、北米におけるテスラ式充電インフラのさらなる拡大を予期させるものとなりました。

ネット上では、「賢い選択だと思います」「やっぱりテスラはすごいね」「個人的にはまだハイブリッドでいいじゃんと思ってしまう」などの意見が見られました。

日産自動車は7月19日にNACS採用を発表した日本初のメーカー

7月19日に日産自動車はテスラのNACSを2025年から米国で採用すると発表しています。このNACSはテスラが2022年に公開した充電規格で、日産自動車がNACSへの対応を発表した日本で初めての自動車メーカーとなりました。

日産自動車は現在販売中のEV「アリア」について、2024年以降のモデルからはNACS充電アダプターを提供する計画を立てています。このアダプターを利用することで、ユーザーはNACSプラグとの接続が可能となります。

さらに2025年からは、米国やカナダ市場向けの日産自動車のEVに、NACS用充電ポートを標準装備として搭載する予定です。この動きにより、日産自動車のEVユーザーはテスラの急速充電ネットワーク、スーパーチャージャーを利用することができるようになり、公共の急速充電スポットの選択肢が拡大する見込みです。

アメリカズマネジメントコミッティ議長のジェレミー・パパン氏は「NACSの採用は、長期ビジョン『Nissan Ambition 2030』で推進する電動化の取り組みの一環で、電動モビリティをより身近なものにするという日産のコミットメントを明確に示しています」と説明した上で、「日産のEVユーザーは、利用可能な急速充電器が数千台以上増えることで充電の利便性が高まり、より安心して長距離ドライブを楽しむことができます」とコメントしました。

なお、日産自動車は「Nissan Ambition 2030」において、2030年までに米国内でのEV販売比率を40%以上に拡大する方針を掲げており、2025年後半からミシシッピ州キャントン工場での新型EVモデルの生産も予定しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所
    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…
  2. イスラエルメディアは日本時間14日、イランがイスラエルに対して多数のドローンと巡航ミサイルを発射した…
  3. スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…

おすすめ記事

  1. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  2. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  3. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る