大谷翔平選手が「満票」でリーグMVPを獲得 2度目の満票MVPはメジャー史上初

メジャーリーグベースボール(MLB)機構が、全米野球記者協会(BBWAA)によって選出するリーグMVPを発表しました。この栄誉ある賞を、ロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手(29)が受賞しました。これは大谷翔平選手にとって、2年ぶり2度目のMVP受賞です。

特筆すべきは、大谷翔平選手が「満票」での受賞を果たしたことです。これはメジャー史上初となる「2度目の満票MVP」という歴史的快挙です。また、日本人選手がこれまでMVPを受賞するのは、イチロー選手(2001年)と大谷翔平選手(2021年)の2人のみで、複数回受賞したのは大谷翔平選手が日本人初となります。

過去に満票でMVPを受賞したのは19人(19回)で、その中には史上最多7度のMVPを受賞したバリーボンズ選手も含まれていますが、満票での受賞は1度だけです。大谷翔平選手は今季、日本人として初めて本塁打王のタイトルを獲得し、投打としても際立った活躍を見せました。

大谷翔平選手は受賞に際し、「去年もちろん獲りたかったですけど、今年もセミエン選手もワールドシリーズ優勝したように素晴らしい年だったと思うのでそれに負けないぐらいのシーズンにしたいなと。こうやって(MVP)獲れて特別なことだと思う」と喜びを語りました。

ネット上では、「さすがオオタニサン」「大谷さんのMVP獲得は確実視されていたけど、やっぱり決まると、とても嬉しい」「大谷選手MVP満票での獲得おめでとうございます。流石としか言いようがない」などの意見が寄せられています。

大谷翔平選手は打者・投手ともに好成績を記録

大谷翔平選手は今季、打者として顕著な成績を残しました。打率.304、95打点、そして20盗塁を記録し、自身初となる打率3割を達成しています。また、44本塁打でアメリカン・リーグ(ア・リーグ)の本塁打王に輝きました。

投手としても大谷翔平選手は10勝5敗、防御率3.14、そして167奪三振をマーク。規定投球回には到達しませんでしたが、この成績はメジャー史上初となる2年連続で「ダブル2ケタ」(10勝&10本塁打)という偉業を達成しています。

7月28日のタイガース戦では、メジャー初の完投・完封勝利を達成し、第2試合では2打席連続ホームランを記録しました。ロサンゼルス・エンゼルスのチームメイトであるM.トラウト選手(32)は、大谷翔平選手のMVP受賞に対して「おめでとう。本当に受賞に値するMVPだ。誇りに思うぜ、ブラザー」とSNSで祝福しました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 2025年大阪・関西万博で参加国が自前で建設する海外パビリオン「タイプA」の計画が、大幅な遅れに直面…
  2. 「子どもの自律訓練法 不安緊張やストレスの緩和に有効なトレーニング子どもの自律訓練法 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    心と体をつなぐ神経と言われる自律神経は、興奮したり、ストレスを感じたりした時に優位になる交感神経と、…
  3. 京都大学高等研究院の斎藤通紀教授らは、ヒトのiPS細胞から卵子の元となる「卵原細胞」を大量に作り出す…

おすすめ記事

  1. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  2. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  3. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る