NY株式市場で株価が大幅に上昇 ダウが512ドル高で過去最高値を更新

13日のニューヨーク(NY)株式市場では、株価が大幅に上昇しました。特に注目されたのは、NYダウが512.30ドル高の37,090.24ドルに達し、ナスダックも200.57ポイント上昇して14,733.96で取引を終えたことです。市場の動きは11月の生産者物価指数(PPI)が予想を下回り、ハイテク株が買われる展開からスタートしました。

連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表後に、連邦準備制度理事会(FRB)が政策金利を3回連続で据え置くことを決定。これにより、2024年に0.75%の利下げが予想されるなど、市場はFRBのハト派的な姿勢とパウエル議長の会見を受けて、利下げ観測が一層強まりました。その結果、ダウは過去最高値を更新し、セクター別では不動産や公益事業が上昇した一方で、電気通信サービスは下落しています。

ビデオゲームメーカーのテイクツー・インタラクティブ・ソフトウエア(TTWO)は大幅に株価を上げました。ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)は、英国チェーン「ブーツ」のIPOを検討しているとの報道を受けて株価が上昇しています。また、医薬品メーカーのバーテックス・ファーマシューティカルズ(VRTX)は治験で有効性が確認され、株価が急騰しました。

一方で、ソフトウェア大手のアドビ(ADBE)は決算発表後の時間外取引で下落しています。この日の市場は、政策金利の動向とそれに関連する各企業の動きによって大きく動いたことが特徴的です。

ニューヨーク外為市場|142円96銭で取引を終え大幅に下落

ニューヨーク外為市場では、13日にドル・円が大幅に下落しました。この日の取引は145円72銭からスタートし、142円65銭まで下がり、最終的に142円96銭で取引を終えました。この動きは、米国の11月PPIが市場予想を下回ったことと、FRBがFOMCにて政策金利を3回連続で据え置く決定を下したことが背景にあります。

さらに、金利やPCE、コアPCEの予測が大幅に引き下げられたことで、利下げに対する市場の期待が高まりました。パウエル議長は会見で「今回の会合で利下げのタイミングを協議したこと」を明かし、それも原因でドルの一層の下落を招きました。

一方、ユーロ・ドルは1.0780ドルから1.0896ドルまで上昇し、1.0874ドルで取引を終えています。英国の10月国内総生産(GDP)が予想以上に悪化したことから、ポンド・ドルは一時下落しましたが、FOMCの結果を受けて大幅に反発しました。ドル・スイスは0.8780フランから0.8691フランまで下がりました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024/2/24

    体と脳
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「体と脳」(ライター:貴田雄介さん)…
  2. 2021年3月にLINEとヤフーが経営統合して以来、個人情報のセキュリティ体制に関する課題が明らかに…
  3. Uber Eats Japanは2月21日、日本でロボットを使用した料理配送サービスを展開すると発表…

過去よく見られている記事

  1. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 一般社団法人Colabo 代表・仁藤夢乃氏の裁判

    2024-1-23

    一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏「支援を必要とする女性がいる」裁判での弁論(2024年1月23日)

    2024年1月23日14時から、原告である一般社団法人Colabo代表である仁藤夢乃氏から、被告であ…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る