TBSグループ「THE SEVEN」とNetflixが戦略的提携 300億円規模の制作費を準備

2022年11月8日、TBSグループのコンテンツ企画・製作会社「THE SEVEN」は、米動画配信大手のNetflixとの戦略的パートナーシップを結託しました。300億円規模の制作費を準備し、今後5年間にわたってオリジナル実写作品を、Netflixメンバーに向けて独占配信する予定です。

「THE SEVEN」で活躍するクリエイターたちは、これまでの実績をみてもその実力は明らかだとされています。コンテンツ開発と製作の指揮を執るのは、映画プロデューサーの森井輝氏です。

森井氏は、人気作品「今際の国のアリス」を2シーズン通して共同製作。そのほか、「BRAVE HEARTS 海猿」や「映画 暗殺教室」などの製作を手掛けました。現在は、「ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜」と実写版「幽☆遊☆白書」を製作しています。

また、「THE SEVEN」の菅井龍夫代表取締役は、「海外の方々に日本の優秀な作品を見てもらいたい」と意気込みを語っています。韓国作品にも負けない「大きなスケール感の作品」を作ることが「THE SEVEN」の狙いだとされ、森井氏は「僕らはもっと自信を持っていい」とコメント。

Netflix側も日本発の作品が増えることに期待しており、坂本和隆・コンテンツ部門バイス・プレジデントは、「日本や世界の視聴者が観たことのないような世界観の作品に、THE SEVENの皆さまと一緒に取り組めますことを楽しみにしております」と語りました。

コンテンツ企画・製作会社「THE SEVEN」とは?

コンテンツ企画・製作会社「THE SEVEN」は、TBSホールディングスの出資によって設立された会社です。ドラマや実写映画の企画・開発などの事業を、世界市場を見据えて展開しています。

2022年1月と比較的最近設立された会社でありながらも、大ヒット作品「今際の国のアリス」を手掛けた森井氏や、VFX(視覚効果)界を牽引する赤羽氏が所属しています。

映像業界でトップクラスの実績を持つ人材が所属しているほか、海外の事業者とのビジネス交渉の経験が豊富な人材も加入。さらに、赤坂に新オフィスを構え、作品の系統に合わせて柔軟な対応が可能な「VFXルーム」も設置されています。

緑山スタジオ・シティには従来のテレビ用スタジオに加え、約300坪という広大な規模の配信コンテンツ向け撮影スタジオの準備を進めています。代表取締役の菅井氏は、「緑山は『SASUKE』を撮っているくらいで、外で撮影できる場所も非常に多い。世界に通用するスタジオを兼ね備えていることを強調したい」と述べました。

Netflixと戦略的提携を果たした「THE SEVEN」の、今後の映像作品に期待が高まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 地球温暖化対策の新たな切り札として、高知県大月町の黒潮生物研究所が注目を集めています。2023年5月…
  2. 大阪大発のスタートアップ企業であるクオリプス社は、世界に先駆けてiPS細胞から作成した心筋シートの製…
  3. インターネット上の偽情報対策として、政府は大手SNS事業者などに対し、広告掲載の事前審査基準の公表を…

おすすめ記事

  1. 2024-5-18

    広島・安芸高田市の石丸伸二市長が東京都知事選挙に立候補 東京一極集中の是正を目指す

    広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る