米セラノスの創業者ホームズ被告に対して11年の実刑判決 投資家への詐欺罪

18日、米カリフォルニア州サンノゼの連邦地裁は、血液検査会社セラノスを創業したエリザベス・ホームズ氏に対し、投資家への詐欺罪で11年3ヶ月の実刑判決を下しました。

ホームズ被告はセラノスの活動について、「指先から採取した数滴の血液でさまざまな疾患の有無が判断できる」と説明していました。病気の診断に革命を起こす技術だと評価され、企業価値は一時90億ドル(約1兆円)にまで達しています。

しかし、その技術が虚偽であると判明し、ホームズ被告らは起訴され、セラノスは2018年に解散。また、ホームズ被告は2022年1月に、4ヶ月に及ぶ裁判を経て陪審員による有罪判決を受けていました。

ホームズ被告の裁判では、テクノロジー企業の詐欺を司法がどれほど深刻に受け止めるのかが鍵でした。検察側は裁判にて、ホームズ被告が検査機「エジソン」について、医師や患者を故意にミスリードしていたとコメント。また検察は、ホームズ被告が投資家たちに企業の経営を大きく誇張して伝えていた、と指摘しました。

裁判では11件の罪状のうち、投資家に対する詐欺罪と通信詐欺罪3件の計4件について、陪審員らが有罪と判断し、最大で禁錮20年の刑が宣告される可能性がありました。

判決が言い渡される前にホームズ被告は、「自分の過ちに絶望している。私のせいで多くの人が何を経験したかと思うと、深く苦しんでいる」「自分の細胞のひとつに至るまで後悔している」と謝罪。しかし、裁判長はホームズ被告を素晴らしい起業家だったと称賛した上で、「過ちは普通だが、詐欺による過ちは許されない」と述べました。

ホームズ被告による詐欺の被害総額は1億2,100万ドルだと指摘されており、セラノスへの投資で多額の預金を失ったエイリーン・レペラ氏は「この事件のすべての事実を考慮すれば、妥当な判決だと思う」と、判決に満足している様子を語りました。

セラノスを設立したエリザベス・ホームズとは?

裁判で禁錮11年の判決が言い渡されたホームズ被告は、スタンフォード大学を退学した19歳のときにセラノスを設立しました。簡単な血液検査で病気の診断を行える革新的な技術として、セラノスの企業価値は瞬く間に上昇しました。

また、ホームズ被告はかつて「自力でビリオネアになった最年少の女性」として評価され、第2のスティーブ・ジョブズとまで呼ばれていました。ホームズ被告はスティーブ・ジョブズを意識し、常に黒のタートルネックのセーターを着用していたのも有名な話です。

多くの投資家から期待されていましたが、ホームズ被告は詐欺罪で告発され、有罪判決を受けました。アメリカのビジネス雑誌「フォーチュン」は、ホームズ被告を「世界で最も期待はずれの指導者たち」の筆頭として挙げました。

なお、元セラノス最高幹部で、ホームズ被告と長年恋愛関係にあったラメシュ・サニー・バルワニ氏も、同様の罪で起訴されています。今夏に有罪評決が下っていますが、言い渡しは12月になる予定とのことです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 地球温暖化対策の新たな切り札として、高知県大月町の黒潮生物研究所が注目を集めています。2023年5月…
  2. IT大手の米Appleが時価総額で再び世界トップに返り咲きました。13日の取引でApple株価は0.…
  3. イスラエルとハマスの対立をめぐり、国際刑事裁判所(ICC)のカーン主任検察官は、双方の指導者5人に対…

おすすめ記事

  1. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  2. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  3. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る