民間小型ロケット「カイロス」の打ち上げ失敗 「諦めるつもりは全くありません」

和歌山県串本町の「スペースポート紀伊」から打ち上げられた東京の宇宙ベンチャー企業「スペースワン」が開発した小型ロケット「カイロス」の初号機が、発射直後に爆発するという衝撃的な出来事が発生しました。この事故は、13日の午前11時過ぎに起こり、ロケットの残骸や焼けた地面が確認されています。

小型ロケットは全長約18メートルで、政府の小型人工衛星を搭載していました。打ち上げられた直後、白い煙が上がり、大きな音が鳴り響きました。現在、事故の原因についてはスペースワンが調査中であり、明確な原因については明らかになっていません。

ロケットの発射は当初9日に予定されていましたが、安全確保のため急遽延期されました。スペースワンは高頻度で小型衛星を打ち上げる「宇宙宅配便」の事業化を目指しており、30年代には年間30機の打ち上げを目指しています。今回の出来事は、宇宙開発のリスクと挑戦を改めて浮き彫りにしました。

スペースワンの記者会見 「諦めるつもりは全くありません」

スペースワンは13日の午後2時から、発射場近くのホテルで記者会見を開きました。この記者会見で、小型ロケット「カイロス」の打ち上げ失敗について説明しています。

打ち上げから約5秒後に異常を検知したロケットは、ロケットの1段目が燃焼中に機体に備えた装置により、飛行を中断する措置が取られたとのことです。この自爆措置は、飛行経路や速度、内部機器の異常を検知した場合に取られるもので、どの部分が破壊されたかについてはまだ特定されていません。

企業はロケットの飛行データを解析し、原因究明に努めています。打ち上げ直後のロケットの傾きは、予定されていた動きで問題はなかったとのことです。

豊田正和社長は「期待に応えることができずおわび申し上げます。ただ、諦めるつもりは全くありません。原因と再発防止策を明確にし、可能な限り早く次の打ち上げに向けて対応したいです」と失敗を認めつつも、諦めずに原因と再発防止策を明確にし、次の打ち上げに向けて早急に対応する意向を示しました。

遠藤守取締役は、過去の国の主力ロケット打ち上げ失敗の経験を踏まえ、冷静な原因究明の重要性を強調しています。また、「『カイロス』による小型衛星の打ち上げ市場への参入は若干遅れるかもしれないが、世界的に見てもまだまだ競争できると考えている」との見解を述べました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  2. Samsung(サムスン)電子ジャパン株式会社は3日、ハイブリッド型のAI技術を搭載した最新フラッグ…
  3. LINEヤフーはLINE利用者の大規模な情報漏えい問題を受けて、原因とされる韓国企業ネイバーとの業務…

過去よく見られている記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-26

    時代の転換点に常に立たされてきた私たち

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「時代の転換点に常に立たされてきた私たち」(…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    忘れてはいけないもの

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「忘れてはいけないもの」(ライター:ホワイト…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る