11歳娘に覚せい剤飲ませ、交際男にわいせつな行為をさせた母親に3年6ヶ月の実刑

11歳だった娘に覚せい剤を飲ませ、交際相手の男にわいせつな行為をさせたなどとして、監護者わいせつや児童ポルノ禁止法違反などの罪に問われた母親に22日、大津地裁で懲役3年6ヶ月の実刑が言い渡されました。

大嶋真理子裁判官は「女児の人格を踏みにじる、卑劣極まりない行為といわざるをえない。信頼を寄せていたであろう母親から、被害を受けた苦痛は甚大だ」と、コメントを残しました。

判決によると、母親はマッチングアプリで知り合った工員の49歳の男と共謀。2020年6月26日に、当時11歳だった娘に男がわいせつな行為をし、その様子を携帯電話で撮影しました。さらに2022年3月4〜5日にも、当時13歳だった娘に同様のことを行いました。

母親は被告の男の求めに応じる形で、覚せい剤を混入したコーヒー牛乳を娘に飲ませた上、わいせつな行為に及んだとされています。公判で大嶋裁判官は「母親として監護、養育する立場でありながら、被害者が嫌がる様子を示してもやめず、腕をつかんで被告の男にわいせつ行為をさせるなど積極的に関与した」と指摘しました。

それに対し、被告の男に脅されたとする弁護側主張は「被告の男との関係を継続したいがために指示や要求に従っていた」と判断。被告の男も、監護者わいせつや児童ポルノ禁止法違反などの罪で起訴されていますが、一部内容を否認しており、大津地裁で審議が継続しています。

なお、公判では被害者のプライバシー保護のため、母親の名前や住所、年齢は非公開で審議されました。

11歳娘のわいせつ事件に対するネット上の反応

母親と被告男の非人道的な行為に対し、ネット上ではさまざまな意見が飛び交っています。発信されている主な意見は、以下のような母親と被告の男を非難する声です。

  • 母親の刑が軽すぎる
  • この事件、胸糞悪すぎる
  • 本当に許せない気持ちでいっぱい
  • 悪魔よりやることがひどい
  • 人の親とは思えない所業
  • 母親として失格、という言葉では全然足りないほど非道

そのほか、「この娘がこの先どう生きていくのか心配」「娘が本当に不憫でならない」「これが現実の話だと思いたくない」など、娘を心配する声もあがっていました。

また、事件や世の中の闇に触れる人気YouTuber「懲役太郎チャンネル」も、この事件に対して批判的な意見を発信しています。被告の男はまだ刑が確定していないため、今後の動向に注目したいところです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「初期臨床研修医は平均年収435万円 研修医の平均年収と医師の働き方改革2024 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師の世界も2024年4月から厚生労働省による「働き方改革」が施行されました。医師の「働き方改革」と…
  2. 17日、離婚後も共同親権を可能にする改正民法が参院本会議で賛成多数により可決されました。これは、18…
  3. 広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…

おすすめ記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 2023-11-9

    NASAがボイジャー2号のソフトウェアを更新 探査機までの距離はおよそ193億km

    NASAは長期間にわたり宇宙の深遠へと旅しているボイジャー2号の最新の状況を公表しました。ボイジャー…
  3. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る