人間を対象にした脳インプラントを初実施 イーロン・マスク氏のニューラリンク

イーロン・マスク氏が率いる医療ベンチャーのニューラリンクは28日、脳へのデバイスのインプラントを最初の被験者に行ったと発表しました。この試験では被験者にデバイスが埋め込まれ、イーロン・マスク氏はX(旧Twitter)において「順調に回復している」とし、初期の神経細胞からの信号検出結果が有望であることを明らかにしました。

ニューラリンクの目標は、外傷を負った人が単に思考するだけでコンピューターを操作できるようにすることです。2023年5月にニューラリンクは米食品医薬品局から人間を対象とした臨床試験の承認を得て、頸髄損傷や筋萎縮性側索硬化症による麻痺を持つ被験者の募集を開始しました。

イーロン・マスク氏はさらに、新製品の名前は「テレパシー」になりそうだと述べ、「電話やコンピューターを通じて、考えるだけでほぼ全てのデバイスの制御が可能になる」とのビジョンを示しました。また、スティーブン・ホーキング博士がスピードタイピストや競売人より速くやりとりできたらという例を挙げ、その目標を強調しています。

この臨床試験は5人から10人の被験者が登録し、約6ヶ月の期間が必要とされます。最終的には、有効性と安全性を証明する包括的な試験に進むとのことです。しかし、スタンフォード大学のジェイミー・ヘンダーソン教授は、製品化が間近であるとの過剰な期待に警鐘を鳴らしており、承認にはまだ時間がかかると指摘しています。

2023年9月19日、ニューラリンクが被験者の募集を開始

イーロン・マスク氏が設立したニューラリンクは2023年9月19日、脳インプラントの初の人体臨床試験の被験者募集を開始しました。この試験では、頸髄損傷や筋萎縮性側索硬化症による麻痺症状を持つ患者を対象に、脳にチップを埋め込み、そのチップが脳の信号を記録してアプリに送信することで、コンピューター操作を可能にすることを目指しています。

最初の目標としては、「思考のみを使ってコンピューターのカーソルやキーボードを操作する能力を獲得してもらう」とのことです。試験期間は全体で6年に及び、初めの1年半は被験者が自宅で過ごしながら定期的にクリニックを受診し、その後5年間は経過観察が続けられます。これまでニューラリンクは主に動物実験を行っており、特にサルを用いた実験で一部批判を受けていました。

この進展は、人間の脳機能を拡張し、テクノロジーとの融合を目指すニューラリンクの野心的なビジョンを実現に近づけるものです。今後のニューラリンクの動向に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「忘れてはいけないもの」(ライター:ホワイト…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「ばぁば、AIがなかったころのお話を聞かせて…
  3. 森ビルの辻慎吾社長は、東京都港区に位置する「六本木五丁目西地区」の再開発計画について、「都心に森を造…

過去よく見られている記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 一般社団法人Colabo 代表・仁藤夢乃氏の裁判

    2024-1-23

    一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏「支援を必要とする女性がいる」裁判での弁論(2024年1月23日)

    2024年1月23日14時から、原告である一般社団法人Colabo代表である仁藤夢乃氏から、被告であ…
  3. 新宿矯正展

    2023-8-30

    新宿矯正展とは?刑務所で作られた製品が多数販売!主催の府中刑務所についても紹介

    2023年8月3日(木)〜9日(水)にかけて、およそ3年ぶりに新宿矯正展が開催されました。現地の様子…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る