日本のGDPが世界4位に転落 591兆4,820億円で、56年ぶりにドイツを下回る

2023年の日本の名目国内総生産(GDP)が591兆4,820億円、ドル換算で4兆2,106億ドルに達したことが内閣府からの発表で明らかになりました。この数値により、日本は世界経済ランキングでドイツに次ぐ4位に転落しました。

ドイツのGDPは4兆4,561億ドルに達し、1967年以来、56年ぶりに日本がGDP実額でドイツに後れを取る結果となりました。長年、資本主義国として米国に次ぐ世界第2位の経済大国の座にあった日本ですが、1990年代以降の経済低迷と中国の台頭により、2010年にはその座を中国に譲っています。

2000年代には日本とドイツのGDPに約2.5倍の差がありましたが、ドイツの経済が統合を経て着実に成長する一方で、日本はデフレと長期低迷から脱却できず、差が縮まりました。特に2023年の記録的な円安は、ドル換算でのGDP縮小を招き、逆転現象が起こりました。

将来的に円高が進めば日独の再逆転もあり得ますが、人口減少や生産性の問題が続く日本にとって国際通貨基金(IMF)は当面、ドイツが日本を上回り、2026年にはインドによる追い越しも予測されています。

日本がドイツにGDPで逆転された理由とは?

日本の経済がドイツにGDPで逆転された背景には、いくつかの理由があります。まず、為替相場の変動が大きな要因として挙げられます。

円相場は2011年には一時、「1ドル=75円台」という円高が記録されましたが、2023年は平均で「1ドル=140円台」まで円安が進行しました。この円安が進むと、GDPを円からドルに換算する際に日本のGDPが目減りすることになり、国際的な比較で不利な状況に陥ってしまいます。

また、物価上昇の影響も無視できません。ドイツでは去年、ロシアによるウクライナ侵攻の影響でエネルギー価格が高騰し、名目GDPの成長率を押し上げました。一方で、日本はデフレと長期低迷に苦しんでおり、物価上昇率と名目GDPの伸びが抑えられる傾向にありました。

さらに、日本の生産性の低迷も深刻な問題です。日本はOECD(経済協力開発機構)の加盟国中で30位という低い労働生産性を記録しており、特にサービス業のデジタル化や省人化が遅れています。これにより、日本経済の成長率は低迷し、ドイツとのGDP差が縮まる結果となりました。

日本の経済力は国際的な競争において後退しています。今後、日本が再び国際競争力を高めるためには、これらの課題に対する効果的な対策が求められます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 静岡県の川勝平太知事は4月2日、自身の辞意を表明しました。午後6時から始まった会見で「職業差別は皆無…
  2. JR東海は「リニア中央新幹線」の2027年の開業目標を公式に断念しました。会社では静岡の工事に約10…
  3. 東京農工大学の高田秀重教授率いる研究グループは、国内で採取された人々の血液内に、直径千分の1ミリ以下…

過去よく見られている記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 2024-2-22

    フリーランスが急増中 年間総報酬は約20兆円、派遣社員を上回る人数

    フリーランスという働き方が、日本国内で急速にその存在感を増しています。近年、フリーランスの1年間の総…
  3. 青森矯正展(主催:青森刑務所・青森少年鑑別所/共催:公共財団法人 矯正協会の刑務作業協力事業部)の入口

    2023-8-27

    受刑者の日常が丸ごとわかる「青森矯正展」とは?刑務所のカレー・ムショ飯(むしょめし)も体験

    『青森矯正展』は年に一度、7月の第2日曜日に開催されるイベントです。青森刑務所と、青森少年鑑別所が主…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る