第96回アカデミー賞、宮崎駿監督の『君たちはどう生きるか』が長編アニメーション賞を受賞

3月11日、アメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催された第96回アカデミー賞授賞式にて、宮崎駿監督の最新作『君たちはどう生きるか』が長編アニメーション賞を受賞しました。これは宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』以来、21年ぶりの快挙です。

宮崎駿監督にとって10年ぶりの長編アニメ作品である本作は、菅田将暉氏や柴咲コウ氏、あいみょん氏などの豪華キャストが声を担当し、米津玄師氏による主題歌「地球儀」が話題を呼びました。また、一切のプロモーションを行わないまま公開された点も、大きな注目を集めました。

この作品は、宮崎駿監督が少年時代に読んだ吉野源三郎氏の著書からタイトルを借りたオリジナルストーリーで、その内容とメッセージが世界中で高く評価されました。英アカデミー賞やゴールデングローブ賞を含む複数の国際賞を受賞し、アニー賞では絵コンテ賞とキャラクターアニメーション賞で2冠に輝くなど、その芸術性と技術の高さが認められています。

最大のライバルとされていた『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』を退けての受賞は、宮崎駿監督の不朽の才能とアニメーションへの深い愛情を改めて世界に示した瞬間でした。

プロデューサー鈴木敏夫氏「心の底からうれしかった」

宮崎駿監督の『君たちはどう生きるか』が長編アニメーション賞を受賞したことについて、映画のプロデューサー鈴木敏夫氏は、宮崎駿監督がアトリエで受賞の瞬間を見守り、「発表前は、『日本男子としてうれしい顔を見せてはならない』と言っていました。受賞後、電話で『おめでとうございます』と伝えたら、『お互いさまです』と言われました」と語りました。

鈴木敏夫氏はこの受賞を心から喜び、「オスカー像は注文すれば作ってくれるので3個注文しました」と話し、作品がアメリカで特に受け入れられたと分析しました。また、宮崎駿監督の今後についても言及しており、「宮崎監督は衰えをしらない。僕の本心では、もう一度長編映画を作るのは簡単ではないので、監督には、短編を作ってほしいと話しています」とコメントしています。

主題歌「地球儀」を手掛けた米津玄師氏も、「アカデミー賞、長編アニメーション賞おめでとうございます。偉大な作品に関われたことを誇らしく思います。」と、自身のXアカウントで受賞を祝福しました。

ネット上では、「宮﨑監督の最高傑作じゃないかなと思います」「今回の受賞は感慨深いものになりました」「このスタイルでもう一本、作ってほしい」などの意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  2. 渡邊真衣被告、通称「頂き女子りりちゃん」の裁判が3月15日に開かれ、検察は被告に対し懲役13年と罰金…
  3. 実業家である前澤友作氏が、詐欺広告についてFacebook Japan代表の味澤将宏氏に公開で質問を…

過去よく見られている記事

  1. 東京報道新聞が取材した青森刑務所でムショ飯の献立を考える管理栄養士さん

    2024-1-29

    刑務所の食事ってどんなもの?青森刑務所の管理栄養士に聞く令和の「ムショ飯」

    刑務所の中の食事というと、”臭い飯”というイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、最近では「務…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    忘れてはいけないもの

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「忘れてはいけないもの」(ライター:ホワイト…
  3. 青森矯正展(主催:青森刑務所・青森少年鑑別所/共催:公共財団法人 矯正協会の刑務作業協力事業部)の入口

    2023-8-27

    受刑者の日常が丸ごとわかる「青森矯正展」とは?刑務所のカレー・ムショ飯(むしょめし)も体験

    『青森矯正展』は年に一度、7月の第2日曜日に開催されるイベントです。青森刑務所と、青森少年鑑別所が主…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る