日本銀行、大規模緩和政策からの出口戦略を展開 18日〜19日の会合で発表

日本銀行は、漸進的に大規模緩和政策からの出口戦略を展開していくことを示しています。具体的には、マイナス金利政策の解除に伴い、一定の国債買入れを継続する方針を明らかにしました。

この戦略は、18日から19日にかけて開催される金融政策決定会合で正式に発表される見込みで、マイナス金利の解除と共に、長短金利操作(YCC)の撤廃も決定される予定です。ただし、金利の急騰を抑制するための措置は維持される方向で検討されています。

YCCの導入は2016年9月、日銀がマイナス金利政策を開始してから7ヶ月後のことで、短期の政策金利をマイナス0.1%に設定し、長期金利の誘導目標を「ゼロ%程度」と定めました。この政策は、金利上昇を抑え込むことで強力な緩和効果を発揮してきましたが、市場機能の低下という副作用も伴っていました。

今回の会合では、基点となるマイナス金利の解除と共に、YCCの枠組みの廃止が予定されており、長期金利の上限撤廃や市場実勢に合わせた金利変動の容認により、市場機能の回復が期待されています。

内田真一副総裁「自由な金利形成をより尊重する方向」

政策の長期化と今後の明確な利上げ計画の欠如から、長期金利の急激な上昇が懸念されています。そんな中、金融市場の安定を図るため「指し値オペ」を利用した金利抑制策を維持する方向で検討されています。この手法により、必要に応じて国債を買い入れ、金利の急騰を防ぐ計画です。

2023年、米国の長期金利の上昇が国内の長期金利にも影響を及ぼし、日銀はYCC政策の範囲内で金利を抑えるために国債買い入れを大幅に増加させました。この結果、その年の国債買い入れ額は113兆9,380億円に達し、過去二番目の高水準を記録しました。

日銀の国債保有割合は発行残高の半分を超える状態にあり、市場機能への配慮から、植田和男総裁の下で長期金利の目安を1%に設定しています。しかし、実際の長期金利は1%に達することなく、足元では0.7%台後半で推移しており、市場からはYCCの形骸化が指摘されています。

日銀は、緩和的な金融環境の維持を目的として、金利急騰時以外でも一定規模の国債買い入れを継続する姿勢を明らかにしました。内田真一副総裁は、市場の混乱を避けつつ自由な金利形成を尊重する方針を強調し、大規模緩和政策からの漸進的な出口戦略の重要性を説いています。

この動きは、日銀がリスク資産の買い入れを含む「異次元」の緩和策から、通常の金融政策へと移行することを示唆しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. Samsung(サムスン)電子ジャパン株式会社は3日、ハイブリッド型のAI技術を搭載した最新フラッグ…
  2. 渡邊真衣被告、通称「頂き女子りりちゃん」の裁判が3月15日に開かれ、検察は被告に対し懲役13年と罰金…
  3. 「なぜ大事?子どもの読書習慣」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子どもにとって読書習慣を持つことはなぜ大事なのでしょうか?「本を読むと、どんないいことがあるのか」と…

過去よく見られている記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 東京報道新聞が取材した青森刑務所でムショ飯の献立を考える管理栄養士さん

    2024-1-29

    刑務所の食事ってどんなもの?青森刑務所の管理栄養士に聞く令和の「ムショ飯」

    刑務所の中の食事というと、”臭い飯”というイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、最近では「務…
  3. 2024-3-15

    板橋第十小学校が描く子どもたちの「人生設計」アーティストとの対話を通して未来への夢を具体化

    2024年3月1日、板橋第十小学校の4年生100人とアート関係者100人が集結したイベント「3Mプロ…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る