LINEヤフー、「LINE Pay」のサービス終了を発表 25年4月30日を予定

LINEヤフーとLINE Payは、日本国内における「LINE Pay」のサービスを2025年4月30日までに終了すると発表しました。サービス開始から10年、多くのユーザーに利用されてきましたが、ソフトバンクグループの「PayPay」との重複を理由に、国内サービスからの撤退を決めました。

日本国内の「LINE Pay」決済サービスは、一部を除き2025年4月下旬まで利用可能です。残高は加盟店での支払いや出金サービス、銀行振込で引き出すよう呼びかけられています。希望者にはLINE Pay残高をPayPay残高に移行できる機能も提供される予定です。

新規ユーザー登録は2024年11月下旬まで受け付けるとのことですが、台湾やタイの一部加盟店で利用できる日本のLINE Payも2025年4月で終了します。ただし、現地のLINE Payサービスは今後も継続されます。

LINE Payの単体アプリについては2024年11月下旬で提供が終了します。関連するVisa LINE Payクレジットカードも順次終了し、カードショッピングは2025年4月下旬以降、有効期限までは利用可能となります。特典内容などは変更される見込みです。

一方、マイナンバーカードを使って本人確認を行う「LINE Pay 公的個人認証サービス(JPKI)」と「LINEポイント」については、LINEヤフーが事業を継承してサービスを継続します。国内の送金・決済サービス領域は、PayPayに一本化されることになりました。

LINEヤフー「これまでの長年にわたるご愛顧心より感謝申し上げます」

LINEヤフーの公式サイトでは、「LINEヤフー株式会社(以下、LINEヤフー)とLINE Pay株式会社(以下、LINE Pay)は、日本国内におけるモバイル送金(送付)・決済サービス『LINE Pay』を2025年4月30日(水)までに順次終了することをお知らせします」と告知した上で、「LINE Payユーザーの皆さまには、これまでの長年にわたるご愛顧心より感謝申し上げます」とコメントしました。

サービス終了の背景については、「このたび、『LINE Pay』を取り巻く環境の変化やLINEヤフーグループとしての最適な経営資源の配分などを検討した結果、国内の送金・決済サービス領域は『PayPay』に一本化し、国内における『LINE Pay』サービスを終了することとしました」と触れています。各サービスの終了時期や、サービス終了に伴う変更点なども詳細に説明しています。

ネット上では、「台湾でほぼそのまま使えるLine Payは海外旅行好きには貴重であった」「PayPayの方が知名度も使用率も高いもんね」「PayPayの強さが出ましたね」などの意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 11日のニューヨーク外為市場で円相場が急上昇し、一時1ドル=157円台半ばをつける場面がありました。…
  2. フィンランドの知能テスト機関「Wiqtcom(ウィクトコム)」が発表した「2024年版 世界で最も知…
  3. 一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏vs暇空茜
    2024年7月18日14時30分から、原告である一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏と、被告の暇…

おすすめ記事

  1. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  2. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…
  3. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_結果発表

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

インタビュー

  1. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  2. 過去に海外で行われたヨガ
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
ページ上部へ戻る