台湾天才デジタル大臣のオードリー・タン氏が退任 与党や野党からの批判が原因か

台湾のデジタル発展部長である唐鳳(オードリー・タン)氏の退任が決定しました。5月に就任する卓栄泰・次期行政院長が16日、別の専門家を起用することを発表しました。

唐鳳氏は2016年に史上最年少の35歳で政務委員(無任所相)として入閣し、以後、台湾のIT政策を牽引してきました。2022年に新設されたデジタル発展部の部長に就任しましたが、最近は与党や野党からの指導力への批判が増えていました。

具体的な批判内容としては、特殊詐欺やフェイクニュースへの対応不足が挙げられます。次期行政院長の卓栄泰氏は会見にて、唐鳳氏を留任させなかったことについて「内閣のメンバーは次から次へと交代し、発展のため優秀な人材を見つけ出すものだ」と述べました。

卓栄泰氏は新たな専門家をデジタル発展部長に起用すると発表し、新リーダーシップへの移行を図っています。ネット上では、「日本のIT大臣もこのくらい専門知識持ってる人が担当して欲しい」「日本国のIT大臣になってほしい」「頭が良くて賢い人は得てして政治家には不向きな人が多い」などの意見が寄せられています。

唐鳳氏はIQ180以上 「世界の頭脳100人」に選出

台湾のデジタル発展部長である唐鳳氏は、2020年の新型コロナウイルス感染拡大中に国際的な注目を浴びました。特に日本を含む多くの国でその名が知られるようになり、2019年には米外交誌による「世界の頭脳100人」にも選出されています。

IQが180以上と言われ、中学校以降は正規の教育を受けずに16歳でビジネスの世界に飛び込み、台湾史上最年少で大臣に就任するという異例の経歴を持ちます。

唐鳳氏は1981年に台湾の首都・台北市で生まれ、幼少期から先天性の心臓病を抱えていました。外で活発に遊ぶことができなかったため、家で父親の膨大な書物に囲まれて育ちました。

3歳で自ら読書を始め、子ども向けの百科事典を完璧に記憶するほど夢中になり、幼稚園時代には早くも集団生活に馴染めずに悩み、複数の幼稚園を経験しています。24歳でトランスジェンダーであることを公表し、名前を「オードリー・タン」に改名。

公共のために身を捧げることを決意し、デジタル政策の大臣として「オープンな政府」「誰も取り残さない社会」を目指す唐鳳氏の政策は、多くの国で模範とされています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「国産初の新型コロナワクチン 遅きに失したワクチン研究開発費67億円はアメリカの1割」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    COVID-19(新型コロナ感染症)が2019年からの感染拡大により、世界中で大きな影響を与えました…
  2. 俳優の中尾彬氏(81)が心不全のため、5月16日に亡くなりました。妻である池波志乃氏が、所属事務所の…
  3. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…

おすすめ記事

  1. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…
  2. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る