GMOインターネットグループが気球型宇宙船で宇宙旅行 フライトは2024年予定

インターネット関連事業を手掛けるGMOインターネットグループは2月6日、米国のSpace Perspectiveが開発する気球型宇宙船「Spaceship Neptune」に、日本企業として初めて搭乗することを発表しました。1艇を貸し切り、グループ代表である熊谷正寿氏を含めた合計8人で、2024年にフライトを決行する予定です。

気球型の宇宙船であるSpaceship Neptuneには、パイロット1人と乗客8人までが乗車できます。2時間かけて宇宙の入り口まで上昇し、高度30kmを2時間飛行したあと、再び2時間かけて下降して海に着水します。この宇宙船を用いれば、約6時間で宇宙旅行が可能であるとのことです。

なお日本国内では、エイチ・アイ・エス(HIS)が子会社のクオリタを通じて、Spaceship Neptuneの宇宙旅行について1月18日より受け付けています。料金は1人あたり12万5,000ドル(約1,648万円)で、手配料として別途55万円かかります。

すでに世界中から1,000人以上の申込みがあり、2024年中のツアーは完売しているとのこと。1月18日に販売開始となったのは2025年以降のフライト予定分で、販売担当者も「想像以上に反響が大きいです」と語っています。

GMOインターネットグループは「空の移動革命」に注力

GMOインターネットグループでは、経済産業省・国土交通省主催の「空の移動革命に向けた官民協議会」に参画するなど、「空の移動革命」の実現に向けて各種セキュリティ技術の開発・提供を行っています。

2025年に開催予定の「大阪・関西万博×空飛ぶクルマ実装タスクフォース」に参画し、空飛ぶクルマの実装に向けてセキュリティ技術分野から貢献をすると告知。産官学構成員とともに、eVTOL活用のコンセプトや運用計画策定などを具現化するための検討を進めています。

また同社グループ代表である熊谷正寿氏は、ヘリコプターと飛行機の操縦免許を有しており、「日本で最も空に精通する経営者」を目指していると語ります。

そこでGMOインターネットグループ全体として、「空」や「宇宙空間」へと広がるビジネスの舞台を体感し、次世代エアモビリティの最先端技術革新につなげるべく、今回のSpaceship Neptuneによるフライトを決断したと説明しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…
  2. 19日にイランでヘリコプターが墜落し、ライシ大統領やアブドラヒアン外相ら搭乗者全員が死亡しました。こ…
  3. 花粉症が嫌われる理由は多くの人にとって明白ですが、意外な利点があることが最近の研究で明らかになってい…

おすすめ記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る