セブン&アイHDが豪セブンの運営会社を1,670億円で買収 コンビニ事業に注力

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は30日、オーストラリアのコンビニエンスストアチェーン「セブンイレブン」のフランチャイズ事業を運営する「コンビニエンス・グループ・ホールディングス」の全株式を17億1,000万豪ドル(約1,670億円)で買収すると発表しました。取得時期は2024年の4-6ヶ月を予定しており、2024年2月期の業績への影響は軽微とされています。

セブン&アイHDは、豪州でライセンス契約を通じて751店舗のセブンイレブンを展開しています。今回の買収により、日本と北米以外の市場でのコンビニ事業拡大を計画しており、豪州でのコスト低減や顧客基盤の強化を通じて企業価値の向上を目指しています。

加えて同社は同日、発行済み株式総数の2.83%、金額にして1,100億円を上限に自己株式を取得することも発表しました。また、1株を3株に分割する株式分割も公表しており、その効力発生日は2024年3月1日となっています。

これらの動きは、企業のさらなる成長と株主価値の向上に向けた戦略的な一環として位置づけられています。ネット上では、「セブン&アイ・ホールディングスの動き、面白いね」「セブンはコンビニ以外全く冴えないから、コンビニに注力するしか道が無い」「国内はセブンイレブン一強だもんな」などの意見が寄せられています。

井阪隆一社長「北米などのコンビニ事業に一段と注力する」

セブン&アイHDはオーストラリア市場におけるコンビニエンスストア、セブンイレブンの出店拡大を計画しています。豪州の人口構成は若年層と移民が多く、政府予測によると人口は今後も増加する見込みです。特にビクトリア州やクイーンズランド州には、まだ出店の余地があると考えられています。

同社は商品開発や店舗運営においても協業を強化し、日本や北米での経験を生かした商品の提供や効率的な店舗運営を推進し、売上高の増加を目指すとしています。現在、日本のセブンイレブンは好調を維持していますが、国内外での成長力の維持が課題とのことです。

セブン&アイHDの井阪隆一社長は10月、「(百貨店子会社だった)そごう・西武の売却が完了した今、北米などのコンビニ事業に一段と注力する」と述べています。セブン&アイHD​​は現在、20の国・地域で約8万店のコンビニを運営しており、ベトナムなどでの追加投資も進行中です。

共同最高経営責任者の阿部真治氏は、30年度までに30の国・地域への展開を計画しており、海外市場の有望な成長余地を活用する意向を示しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「なぜ大事?子どもの読書習慣」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子どもにとって読書習慣を持つことはなぜ大事なのでしょうか?「本を読むと、どんないいことがあるのか」と…
  2. 「あなたのひらめきを支える、デフォルトモードネットワーク(DMN)とは?あえて「集中しない」という選択肢」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    論文や研究がうまくいかずに、悩んでいる方はいませんか?そんな悩みを解決する、脳科学から導き出された考…
  3. オーストリアに本拠を置くミガルー社は、革新的な「潜水艦型スーパーヨット」のデザイン、「Migaloo…

過去よく見られている記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-24

    若手の化学系研究者から見た生成AI

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「若手の化学系研究者から見た生成AI」(ライ…
  2. 2024-2-22

    フリーランスが急増中 年間総報酬は約20兆円、派遣社員を上回る人数

    フリーランスという働き方が、日本国内で急速にその存在感を増しています。近年、フリーランスの1年間の総…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る